【マーベルヒーロー】キティ・プライド(Kitty Pryde):壁抜けミュータントの才女

マーベルキャラクターの紹介、今回はX-MENの壁抜けレディ
キティ・プライド(Kitty Pryde)

MPQのスキル紹介は別記事をどうぞ。

キャラクター情報:キティ・プライド(Kitty Pryde)

基本情報

キティ・プライド(Kitty Pryde)は物体を透過する能力を持ったミュータント。
少女の頃からX-MENの一員として活躍しています。

なんとなくX-MENの中では「新入り」「若手」なイメージが強いキティですが、今となってはもう頼りになるベテランです。

データベースからのキャラクター情報はこんな感じ。

キティ・プライド(Kitty Pryde)

  • 性別:女
  • 身長:5フィート6インチ(≒167.6cm)
  • 体重:110ポンド(≒49.9kg)
  • 瞳 :ヘーゼル
  • 髪 :ブラウン
  • 能力:自身や他の物質の無形化、姿を消す、コンピュータスキル、格闘
Kitty Pryde Powers, Enemies, History | Marvel
The official Marvel page for Kitty Pryde. Learn all about Kitty Pryde both on screen and in comics!

オリジン:ミュータント少女からX-Menに

キティことキャサリン・プライドは、生まれつき特殊能力を持ったミュータント。
物をすり抜けてしまうという能力が発現したのは13歳の少女時代でした。

彼女はX-MENの創始者プロフェッサーXに招待され、ミュータントの学園に入学。
当時のエマ・フロストが所属していた秘密結社ヘルファイア・クラブの襲撃から他のX-MENメンバーを救うために尽力し、最年少メンバーとしてX-MENに加わりました。

突出したコンピュータの才能と、制御の難しい透過能力、そして日本仕込みの格闘術をひっさげて戦うX-MANです。

ヴィジュアル:ドラゴンを連れたお姉さん

長い茶髪をなびかせたレディ…というくらいで、見た目の特徴はないっちゃあない。
X-MENの黄色いコスチュームを着てることもありますが、彼女特有のコスチュームはあんまりないのかな?

相棒であるピンクのドラゴン・ロッキードを従えていることが多いです。

ちなみにキティ・プライドは本名。
ヒーロー名としては”シャドウキャット(Shadow Cat)”と呼ばれることもあります1

能力

透過(フェーズ)・無形化

ミュータントとしての能力は、簡単に言えば「物をすり抜ける」こと。
細かく言うと、自分の体を原子レベルに分解して対象物の原子の間を通り抜ける。
ものすごーくミクロなレベルで通り抜けているだけなので、自分も対象物も傷つくことはありません。

このすり抜けモードのことを「フェーズ」と呼びます。
自分の体の一部のみや、自分以外の人や物をフェーズさせることも可能。

物体を通り抜ける際は入ったときと同じスピードで動き続けることになり、壁の中にいる状態でとどまることはできません。
また、何かの内部をすり抜けている間は呼吸することができないため、実質キティが息を止めていられる範囲でしかフェーズできないということになります。

フェーズ状態では、キティには何の物質もエネルギーも触れることができません(魔法は効く)。
存在してるけど存在してない状態。いわば無敵状態とも言えます。
攻撃が効かないわけですから、防御面では最強クラスの能力です2

言ってみれば単純な能力なんですが、だからこそ強い。

コンピュータのエキスパート

キティは非常にIQが高く、高等教育を受けたこともあって科学技術に精通しています。
とりわけコンピュータに関してはX-MENでもピカイチ。
人間が作ったものはもちろん、技術の発展した宇宙人のものだろうとハッキングしてのけます。

ちなみに電気機器をすり抜けると回路をショートさせてしまうため、ロボットの敵には物理的にも強い。

格闘術・ダンス

父を追って日本に行ったキティは、悪の忍者集団に洗脳されたことがあります。
そのときに仕込まれたのが忍者の格闘術。
頭脳派と思いきや拳でもやりあえる万能型です。ちなみに日本語もペラペラ。

またプロフェッサーXに紹介されたスティーヴィー・ハンターという師匠にダンスを習い、今やプロレベルのダンサーでもあるようです。

相棒ロッキード

キティはピンク色の生き物・通称ロッキード(Lockheed)といつも一緒にいます。

ロッキードはドラゴンっぽい見た目の宇宙種族・フロックの戦士。
炎を吐いたりテレパスへの耐性があったりと高い能力を持ちます。
敵勢宇宙人ブルードとの戦いにおいて任務で宇宙にやってきたX-MENと出会い、キティと心を通わせ地球についてきました。
大きなにゃんこくらいのサイズで、キティの隣で丸くなってる姿はかわいらしい。

ロッキードがしゃべることはまずありませんが、実はあらゆる言語を理解することができ、英語も話せるらしいです。

 

最後に

X-MENの中心人物の一人であるキティ。いわずもがななおなじみのキャラクターです。
エンジニアとしての能力から、スタークさんと気が合うところも見せてくれたことがありました。

今回の記事はここまで。


  1. 昔はスプライトとかアリエルとかも名乗ってました。他にもいろいろ。
  2. デッドプールがX-MENを殺す話(「デッドプール・キルズ・マーベルユニバース」)でも、キティのことはどうしようもないので、無限迷路のような四次元立方体に閉じ込めて延々すり抜けさせ続けるという手段をとってました。

コメント