【マーベルヒーロー】オコエ(Okoye):秘境ワカンダとブラックパンサーを守る近衛戦士

マーベルキャラクターの紹介、今回はワカンダとブラックパンサーを守る戦士オコエです。
ブラックパンサーより先の紹介だけど気にしない。
映画ではなくコミックの話が主になりますのでご注意を。

MPQのスキル紹介は別記事をどうぞ。

キャラクター情報:オコエ(Okoye)

基本情報

オコエはアフリカの小国ワカンダを守る軍隊、ドーラ・ミラーシェの戦士。
ワカンダの王であるブラックパンサーとは強い信頼関係で結ばれています。

データベースからのキャラクター情報はこんな感じ。

オコエ(Okoye)

  • 性別:女
  • 身長:6フィート(≒183cm)
  • 体重:120ポンド(≒54.4kg)
  • 瞳 :ブラウン
  • 髪 :ブラック
  • 能力:戦闘技術、戦略
https://www.marvel.com/characters/okoye/in-comics

髪は長く伸ばしてたこともあります。そんで意外と体重が軽い。

ワカンダ:伝統と科学の国

ワカンダ王国はアフリカの北東にある小さな国。
国王は代々「ブラックパンサー」の名を受け継いでいます。
表向きは土着の文化と伝統を重んじる発展途上国ですが、実は世界でも有数の科学大国でもあります。

それというのも、ワカンダの産出するヴィブラニウムという希少鉱石のたまもの。
ワカンダのヴィブラニウム1は振動や衝撃を吸収することができ、加工しやすく様々な用途に用いることができます。
ワカンダはこのヴィブラニウムの力で高度な科学技術を発達させてきたと同時に、希少資源を守るための防衛機構も確立させています。

映画のブラックパンサーを見るとよく分かりますが、アフリカ民族文化とサイエンスを両立させた独自の色を持つ国です。

オリジン:ドーラ・ミラーシェの戦士

ワカンダの防衛機構の一つが、国王自らがヴィブラニウム製のスーツをまとって名乗る「ブラックパンサー」というヒーローの存在。

そしてもう一つが、国王のボディガードである「ドーラ・ミラーシェ」という女性戦士団。
ワカンダの各民族から選ばれた精鋭が入団を許されるもので、オコエも選ばれた中の一人でした。
もともと国王がこの戦士団の中から妻を選ぶ風習があったのですが、オコエの仕える国王ティチャラ2は妻候補としては見ておらず、戦士たちには家族としての愛情と信頼を注いでいました。

中でもオコエは信仰深く熟練した戦闘スキルを持ち、国王ティチャラの側近として仕えるようになります。

ということでオコエはあくまでブラックパンサーの側近として登場する脇役キャラに当たります。
とはいえ映画やアニメシリーズも含め、パンサー陛下にとっては大事なツッコミ役もとい相談役ですね。

能力:卓越した戦闘能力

オコエはスーパーパワーは持っておらず、ただ厳しい訓練を積むことで熟練の戦士となりました。
武器や素手での戦闘のみならず、指揮官として戦士たちを束ねる戦略術にも長けています。

ストイックで堅物な印象ですが、映画ではドレスをまとって潜入捜査の技も見せてくれましたね。

 

最後に

ブラックパンサー・クエストのアニメシリーズが放送中なんですが、陛下はワカンダを出てうろうろしてるのでオコエはあんまり出てこないです。残念。

今回の記事はここまで。


  1. ヴィブラニウムは地球に振ってきた隕石に含まれてきた鉱石であり、ワカンダのヴィブラニウムの他にもいくつかの種類が存在します。ワカンダのヴィブラニウムと言えば、キャプテン・アメリカの盾に使われていることでおなじみですね。
  2. みなさんご存じの現国王、ブラックパンサーの中の人。

コメント