【マーベルヒーロー】スパイダーマン:みんな大好き良い子の味方 クモは虫じゃないよ!

マーベルヒーローの紹介です。
そろそろスパイダーバースの映画情報が見え隠れ。
今さらではありますがやっぱり彼は取り上げないと。

ご近所を守る親愛なる隣人、スパイディことスパイダーマン

キャラクター情報:スパイダーマン

基本情報

ニューヨークのビルの谷間をクモ糸でスイング!
クモのスーパーパワーと科学の知識、そして誰よりも広く深い正義の心でみんなの平和を守る、いわずとしれたヒーローです。
親しみをこめてスパイディって呼んでもいいよ。

マーベルデータベースからの情報はこんな感じ。

スパイダーマン(Spider-Man)

  • 性別:男
  • 身長:5フィート10インチ(≒178cm)
  • 体重:167ポンド(≒76kg)
  • 瞳 :ヘーゼル
  • 髪 :ブラウン
  • 能力:超人的な身体能力・耐久力・スピード、危険察知、壁貼りつき
Spider-Man (Peter Parker) | Characters | Marvel
Bitten by a radioactive spider, Peter Parker’s arachnid abilities give him powers he uses to help others, while his personal life offers plenty of obstacles.

マーベルヒーローの代表として広く知られているスパイディ。
設定は作品によって様々ですが、この記事ではオリジナルのスパイダーマンである「アース-616」の情報を主に紹介します。
色んな設定があることについてはマルチバースの記事も参照ください。

スパイダーマンの入門書としては、彼自身が軽い語り口で説明してくれるこの絵本が最適です。
おもしろいしためになるよ。

MARVEL スパイダーマンの日常 THE WORLD ACCORDING TO SPIDER-MAN

  • 作者: ダニエル・ワレス,光岡三ツ子,マーコ・ピエルフェデリチ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/05/31
  • メディア: 単行本

※画像はAmazonへのリンク

 

オリジン

ニューヨークに住むピーター・パーカーは幼いころに両親を事故で亡くし、ベンおじさんとメイおばさんを親として育てられました。

学生時代、ピーターは校外学習先で放射線を帯びたクモに噛まれ*1、クモのスーパーパワーを手に入れます。
超人的な力を持ったピーターでしたが、たまたま出くわした強盗を「自分には関係ない」と見逃したために、その強盗にベンおじさんを殺されてしまいます。
ベンおじさんを救えなかった自分をピーターは深く後悔し、手にした力を生かして罪のない人々を守ることを決意しました。

「大いなる力には大いなる責任が伴う」というベンおじさんの教えを胸に、スパイダーマンは今日も町を守ります。

スパイダーマンの臨場感あふれる写真を撮れるのも本人の特権。
これを売って生計を立てれば一石二鳥だね*2

 

ヴィジュアル

クモの巣柄の赤と青のスパンデックスはピーターお手製のもの。

丈夫で通気性がよく、肌にぴったりフィットして普段着の下に着込むことができます*3
鼻と耳は柔らかいのでマスクにしまっても痛くないそうです。

昔は脇の下にムササビみたいなネットを付けて宙を滑空してました。
一旦なくなりましたが、最近になって復活しましたね。一周回ってダサくないと思われたんでしょうか。

ブラックスーツステルススーツアイアンスーツといったバリエーションもありますが、やっぱり赤と青がおなじみです。

中の人であるピーター・パーカーは目立った特徴のないごく普通の青年。
元々はメガネを掛けていましたが、スパイダーパワーを手に入れたときに視力もアップして裸眼になりました。

 

能力

クモのスーパーパワー

強靱な肉体、運動能力
これはたいていのスーパーパワーを持つヒーローと同じ。
重いものを持ったり、殴り飛ばしたり、殴り飛ばされても平気だったり。
腕の力でスイングし続けるだけで普通の人には大変です。

スパイダーセンス
自分に迫る危機を察知する超感覚。
モノが投げられたとか車が突進してくるとかが分かるのでヒラリとかわせるという感じ。
直後の危険のみならず、「なんとなくここにいるのはまずい」みたいな長いスパンの予知もできるようです。
頭のまわりにイナズマ状の効果線で表されるのがおなじみです。

壁貼りつき
クモ糸でぶら下がるばかりでなく、スパイディ自身の体も壁にぺたりと貼りつくことができます。
クモのように壁や天井を這ったり歩いたり座ったり。
分厚い靴底越しだと発揮できないようですが、服程度の布越しなら問題ないようです。
Wall Crawler(ウォールクローラー:壁を這い回るやつ)”と呼ばれることがあるのはこの能力のせいですね。

ピーター自身の才能

卓越した科学知識と発明技術
ピーターには自然科学の才能が備わっており、機械や薬品の発明もお手の物。
代表的なのはウェブ(=クモ糸)とそれを発射する機械・ウェブシューター
ウェブシューターは手袋の下に仕込んでおり、中指と薬指を曲げるポーズはスイッチを押すためのもの。
ウェブは非常に強靱ですが、数時間経つと自然と溶けてなくなるエコ仕様です。
作品によってはこのクモ糸生成もクモのスーパーパワーに含まれることもあります*4

パーカー・ラック
ピーター・パーカーの人生はけっこう散々です。
家族や恋人を次々と亡くし、学校ではいじめっこに狙われ、仕事では理不尽な上司に怒鳴られ、人助けしてたら夕食に遅れ、よかれと思って正体を明かせば悪党に狙われ…
そんな彼の運の悪さを「パーカー・ラック(Parker Luck)」と呼んだりします*5
別に能力ではないです。

 

キャッチフレーズ

昔から活躍している有名なスパイダーマンには色んな呼び名があります。

アメイジング・スパイダーマン(The Amazing Spider-Man)
まずはこれ。「アメイジング」という形容詞だけでスパイダーマンを連想させます。
ヒーローのコミック誌にはたいていお決まりの形容詞がついていて*6、スパイダーマンの最初の形容詞がこの「アメイジング」でした。
後のシリーズには「センセーショナル」や「スペクタキュラー」も使われています。

親愛なる隣人(Friendly Neighborhood)
この呼び名もよく目にしますよね。
スパイディはご当地ヒーロー。地球規模のでっかい悪を打ち砕くよりも、ニューヨークの市民ひとりひとりを守るのが大事な役目だと思っています。
ひったくりを捕まえたり、横断歩道を渡るおじいちゃんに手を貸したり、木にのぼって降りられなくなった猫ちゃんを助けたり、スマホを向けてくるファンに手を振ったり。
「親切なお隣さん」レベルで人助けをする彼は、親しみをもってこう名乗るのです*7

ウォールクローラー(Wall Crawler)
ウェブスリンガー(Web Slinger)
ウェブヘッド(Web Head)
壁を這い回ったりクモの巣を飛ばしたりクモの巣模様のマスクをかぶったりしていることから、こんなあだなで呼ばれることもあります。

タイガー(Tiger)
「タイガー、大当たりよ!」はスパイダーマンの元恋人・MJ*8が初登場時にピーターに向けて言ったセリフ。
これをきっかけに、MJはピーターのことを「タイガー」と呼ぶようになります。
「タイガー」はそのまま肉食系男子的な意味ととっていいと思います。
もちろんどう見てもタイガーじゃないピーターを他にそう呼ぶ人はいませんが、ときどきネタとして使われてたりします。

 

スパイディのおしゃべり

スパイダーマンといえばユーモアたっぷりの軽妙なおしゃべり*9

余裕シャクシャクだよというのを敵にアピールすると同時に、自分を鼓舞して心の奥の恐怖やためらいに打ち勝つ効果もあります。
あともちろん、観客のみなさんを楽しませるためにもね。
寒いダジャレもヒーローが言えば多少カッコつくぞ!

頭の回転の早いスパイディは敵に合わせてジョークを繰り出しますが、お決まりの文句もあったりします。

大いなる力には大いなる責任が伴う
これはスパイディの座右の銘。
ベンおじさんの教えはスパイダーマンのヒーローとしての意志を支える基盤です。
「大いなる力」「大いなる責任」という言葉はスパイダーマンに関わる色んな場面で登場するでしょう。

クモは虫じゃないよ!
これはスパイダーマンのこだわりポイント。
「虫野郎」だの「虫だけに無視」だの言われるたびに、「クモは虫じゃないよ!」と言い返すのがお決まり。
クモは昆虫綱(insect)ではなくクモ綱なわけで、ピーターは一緒にされたくないようです。
さすが科学オタク。それとも昆虫に恨みでもあるのか。

 

スパイディの秘密主義

スパイダーマンの正体は秘密。
素顔を隠しているヒーローは現代では割と珍しい部類だったりします*10

一般向けの話だけなく、家族や友人、恋人にも一切秘密。
それというのも「ピーターがスパイダーマンだとバレることで、身近にいる大切な人が悪党に狙われてしまう」ことを避けるためです。

この状況が実際に起きたためにシャレになりません。
コミックのシビルウォーでは、ヒーロー登録派のアイアンマンに説得されてピーターは正体を明かします。
ところが、そのせいでメイおばさんや妻のMJがヴィランに狙われるという、まさに危惧していた事態に陥ってしまいました。
そのためスパイディはキャプテン派に転向し、いろいろあって最終的には正体を明かしたことは「なかったこと」になりました。
おまけにMJとの結婚もなかったことになりましたが…。

アメイジング・スパイダーマン:シビル・ウォー (MARVEL)

  • 作者: J・マイケル・ストラジンスキー,ロン・ガーニー,御代しおり,今井亮一
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2016/03/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

ヒーロー活動のせいで突然いなくなったり約束に遅れたりするピーターは、「ちょっと道に迷って」とか「サングラスを忘れて」とか言い訳せざるをえません。
守るためとはいえ親しい人に隠し事をしないといけないのは、ピーターにとって心の負担にもなっています。

 

スパイディのヒーロー仲間

古参ヒーローのスパイディは、たいていのヒーローとは顔なじみ。

ファンタスティック・フォー

同じニューヨークに住み、同年代の古参ヒーローとしてとても仲良し。
科学者のリード・リチャーズ(ミスター・ファンタスティック)とは発明家仲間でもあり、最年少のジョニー・ストーム(ヒューマントーチ)とは気の合う悪友です。
一時期コスチュームを失うことのあったスパイダーマンは、ファンタスティック・フォーの新メンバーとして水色のコスチュームを借り、紙袋を被って活動していたこともあります。
そのときの名前は”Bag-Man*11

アベンジャーズ

いわずとしれたメジャーなヒーローチーム。
ソロ活動が主なスパイディですが、このビッグチームにメンバー入りしたこともあります*12
科学オタクの発明家として、トニー・スターク(アイアンマン)やハンク・ピム(初代アントマン)、ブルース・バナー(怒ってないハルク)などとはとっても気が合う様子です。

ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト

  • 作者: ブライアンマイケルベンディス,ャスダ・シゲル
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2010/05/29
  • メディア: 大型本

※画像はAmazonへのリンク

 

X-Men

こっちもメジャーなヒーローチーム。
スパイディはミュータントではないので直接メンバー入りするということはありませんが、敵が一致したときには力を合わせて戦います。
初めて会ったときは敵だと思われ攻撃されたこともあったみたいですが。
ウルヴァリンとは同じタイミングでアベンジャーズに加入していました。
毛とか臭いとかはよくスパイディのジョークネタにされてます。
アイスマンとは同じ軽口好きとして気が合うみたいですね。

X-MEN/スパイダーマン (MARVEL)

  • 作者: クリストス・ゲージ,マリオ・アルベルティ,光岡三ツ子
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

ディフェンダーズ

デアデビルルーク・ケイジアイアンフィストなど、彼らもニューヨークで市民を助けるヒーローということでスパイディと同類。
まとめてディフェンダーズっつってますが常にチームを組んでるわけではないです。
デアデビルとは赤いコスチュームとか正体を隠していることとかスイングすることとかで境遇的にも似たところがありますね。
ニューヨークの裏社会を仕切るキングピンと戦う面でも同じです。
あとはパニッシャーとも同じ縄張り。
不殺がモットーのスパイディと、因果応報がモットーのパニッシャーとはまったく気が合いませんが。

デッドプール

最近になってホットなのがデッドプールとの関係。
悪党といえど殺さずが信条のスパイディは、元傭兵で軽いノリで人を殺せるデッドプールのことを信用できずにいました。
一方のデッドプールは、ヒーローの鑑であるスパイディのファン。
自分もちゃんとしたヒーローになりたいからとスパイディにちょっかいを出します。
仲がいいのか悪いのか、二人の奇妙な相棒関係?は「スパイディ/デッドプール」シリーズとして刊行され、邦訳もされてます。

スパイダーマン/デッドプール:プロローグ (ShoPro Books)

  • 作者: ファビアン・ニシーザ,ジョー・ケリー他,ピート・ウッズ,アーロン・クダー他,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2017/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

 

スパイディが戦うヴィラン

ニューヨークには悪党がいっぱい。
銀行強盗するだけの小悪党から、世界征服を企むスーパーヴィランまで、枚挙にいとまのないヴィランたちの代表を紹介しましょう。

スパイダーマンが「クモ」というモチーフなので、相手にするヴィランも動物モチーフの敵が多い。
動物によってはいまいち決まらないやつもいます。

ヴァルチャー

ハゲタカモチーフのヴィラン。
コミックでは頭の薄いご老人ですが、映画「スパイダーマン:ホームカミング」でそれはそれはスタイリッシュな姿に。
やっぱりダークカラーの機械の翼はカッコイイですね、ファルコンさん

スパイダーマン:ホームカミング

  • 出版社/メーカー:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Blue-ray

※画像はAmazonへのリンク

 

スコーピオン

サソリモチーフのヴィラン。クモ綱に属するサソリはクモの仲間。
中の人であるマック・ガーガンは、後にシンビオートに寄生されヴェノムとなり「ブラックスーツのスパイダーマン」としてダークアベンジャーズに加わることになります。
ガーガンって名前の悪党も「スパイダーマン:ホームカミング」に出てきてたりします。ちょっと期待した。

ライノ

サイモチーフのヴィラン。突進系パワーキャラ。
アニメなどでも露出の多いヴィラン。
映画では「アメイジング・スパイダーマン2」にちらりと登場しましたが、結局続編作られなかったので残念。

リザード

トカゲモチーフのヴィラン。
普段はカート・コナーズという隻腕の善良な科学者。
腕の治療を研究するうちにリザードに変身し、理性を失って暴れるようになってしまいました。
変身が解けたコナーズ博士はピーターの良き相談相手でもあります。

またロギア系自然支配系のヴィランもいます。スケールが大きくて映像映えしますね。

サンドマン

砂を操り、自身も砂に変身するヴィラン。
トビー・マグワイア版の映画「スパイダーマン3」に登場し、良い感じに怪獣大戦争になってましたね。
変身してないときの彼はラガーマン風の青年で、最近でも見た目は大きく変わっていません。

エレクトロ

電気を操り、自身もエネルギー体に姿を変えるヴィラン。
映画「アメイジング・スパイダーマン2」のヴィランが彼です。
眠らない街ニューヨークの電気を支配する姿はやっぱりサマになってました。
しかし電気系の敵を倒す方法ってたいていお決まり。

ハイドロマン

水を操り、自身も水に姿を変えるヴィラン。アクアマンじゃないよ。
生活に関わる水を支配するパワーは非常に強力。
自然系の中でも厄介な敵といえます。
…映画ではまだどこにも登場してないですっけ。

そしてスパイダーマンの宿敵たち。

ドクター・オクトパス

本名オットー・オクタヴィアス
四本の機械触手を体にまとい自在に操ります。
最初のコミックではでっぷりしたおかっぱのおじさんでクールとは言いがたかった(他の動物系C級ヴィランと同じような扱い?)のですが、次第に天才科学者としてスパイディを追い詰めるようになり、見た目もスタイリッシュに変わっていきました。
メイおばさんと親密になったり、スパイダーマンの体を乗っ取ったりと、彼との因縁はかなり深いものです。

グリーン・ゴブリン

空飛ぶ円盤に乗ってカボチャ爆弾を投げてくる緑色の怪人。
その正体はピーターの親友であるハリーのお父さん、ノーマン・オズボーン
彼がスパイダーマンの正体を知って恋人のグウェン・ステイシーを狙った結果は、ピーターの深いトラウマになっています。
近年のノーマンはグリーン・ゴブリンの姿よりも人間の姿で悪事…というか過激すぎる正義というか…を働くようになっています。
アベンジャーズを乗っ取ってダーク・アベンジャーズを組織したのも彼の計画でした。

ヴェノム

他の生き物に寄生して攻撃性を増加させる宇宙生物・シンビオート。
一度はスパイダーマンに寄生してその力と一体化したものの、拒否され引き剥がされました。
スパイダーマンの能力を記憶したまま別の人間へ感染し、ヒーローになったりヴィランになったりしています。ピーターの次に寄生されたエディ・ブロックが初代ヴェノム
2018年の映画「ヴェノム」の主人公。
強暴でスパイダーマンを嫌ってはいますが、一応正義の心を持ってはいるようです。
シンビオートはウイルスのようなもので、カーネイジやアンチ・ヴェノム、エージェント・ヴェノムといった派生キャラクターもたくさん輩出しています。

ヴェノム:リーサル・プロテクター (ShoPro Books)

  • 作者: デイビット・ミケライニー,マーク・バグリー,ロン・リム,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

J・ジョナ・ジェイムソン

スパイディ最大の天敵。大手新聞社デイリービューグルのデスクで、スパイディの大アンチ。
スパイディが何をやっても悪意で受け止めこきおろしまくる頑固なおじさんです。ヴィランじゃないです。
悪口を言うためにスパイダーマンの写真を買ってくれるので、カメラマンとしてのピーターにとっては厄介な上司でもあります。

 

スパイディのロマンス

科学オタクのピーターですが、恋に落ちる相手は美女揃い。
パーカーラックの作用か、誰ともうまくいかずに終わっちゃうのは悲しいところ。

グウェン・ステイシー

悲劇のヒロインといえば彼女。
ピーター学生時代の二大ヒロインの一人でした。
金髪の清楚な優等生で、お父さんが警察官。
ピーターと付き合うようになったものの、スパイダーマンの正体を知ったグリーン・ゴブリンに誘拐されてしまいます。
橋の上から落とされたグウェンをスパイディは必死に助けようとしますが…。彼女を死なせてしまったことはスパイダーマンの心に大きな傷となって残っています*13
詳しくはコミックにて。悲しい話です…。

スパイダーマン:ステイシーの悲劇 (MARVEL)

  • 作者: スタン・リー,ジョン・ロミータ,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2014/09/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

MJ(メリー・ジェーン・ワトソン)

こちらもピーター学生時代の二大ヒロインの一人。
おとなしめのグウェンに対し、MJは華やかでイケイケの赤毛美女。
モデルで女優の彼女がピーターと結婚することになります。が、シビルウォーでの正体バレ騒動に巻き込まれたのがやはり大きな問題。
スパイディはメイおばさんの命を救うため悪魔と契約して「正体バレ」をなかったことにしますが、それと同時に「MJとの結婚」もなかったことになってしまいました。
この出来事はスパイダーマンの大きな転換点。これも辛い話なんですよね…。

スパイダーマン:ワン・モア・デイ (ShoPro Books)

  • 作者: J・マイケル・ストラジンスキー,ジョー・カザーダ,高木亮
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2012/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

ブラックキャット(フェリシア・ハーディ)

こちらは一風変わって、ヒーローとしてのスパイダーマンが恋に落ちた相手。
ブラックキャットことフェリシア・ハーディは女泥棒。
スパイダーマンは彼女を追いながらもお互いに惹かれ合っていきます。
ヒーローとヴィランの恋というのはなかなかドラマティック。
ですが正義の心を強く持つスパイディにとっては、やはりうまくいく相手にはなりませんでした。
軽いノリでネタにできるスパイディの恋愛相手は彼女くらいなんですけどね。

Spider-Man: Return of the Black Cat (English Edition)

  • 作者: Joe Kelly,Marc Guggenheim,J.M. DeMatteis
  • 出版社/メーカー: Marvel
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: Kindle版

※画像はAmazonへのリンク

 

スパイダーバース

スパイダーマンの歴史は長く、色んなメディアでたくさん作品化されています。
これら色んな世界のスパイダーマンを一堂に会して一緒に戦おうというビックリ企画が「スパイダーバース」。
詳しくはマルチバースの記事も参照。
ちなみにこのとき集められたのは「スパイダーパワーを持つ者」というくくりなので、「スパイダーマン」以外も含まれています。
筆頭はスパイダーウーマンことジェシカ・ドリューですね。

敵はインヘリターズという紫の肌の超人一家。
スパイダーマンを狩ってむしゃむしゃ食べちゃうというヴェノムもびっくりの敵に、スパイダーマンたちが立ち向かいます。
コミックのスパイダーマンはもちろん、映画やアニメ、日本産のスパイディも多数参加。
きみのお気に入りは誰かな?

スパイダーバース (MARVEL)

  • 作者: ダン・スロット,オリビア・コワペル,ジュゼッペ・カムンコリ,秋友克也
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2016/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

ここに登場してソロ誌を持ってるのは、マイルス・モラレス*14スパイダーグウェン*15スーペリア・スパイダーマン*16など。
後者2人のコミックは邦訳もされてます。

スパイダーマン2099スカーレット・スパイダースパイダー・ハムスパイダーガールなんかは、アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズでも登場してました。

で、大人気のこのシリーズがとうとうCGアニメ映画化
2018年12月にアメリカで公開、日本でも来春公開予定です。
主人公はマイルス・モラレス。スパイダーパワーを手に入れた彼が他のスパイダーマンたちと一緒にヒーローとして成長していくストーリーのようです。
個人的にはアニメだと実写より安心感があります。

SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE – Official Trailer (HD)

 

最後に

長くなりましたが、スパイダーマンについてはまだまだとても書き切れません。
人気のあるヒーローだけにコミックもアニメも映画もたくさんあり、手に入りやすくなっていますので、チェックしてみてください。

ちなみに入門編として私の一押しは、冒頭に挙げた「スパイダーマンの日常」絵本か、海外アニメの「アルティメット・スパイダーマン」シリーズ。
後者は見る手段が限られてるのでナンですが…。

今回の記事はここまで。Sweet Chrismas!


*1:「放射線を帯びた~に噛まれた」というのは色んなところでオマージュされたりネタにされたりしています。

*2:ピーターはフリーカメラマンとして知られていますが、スタークさんに雇われて科学者になったりも。また最近では年齢が下がって高校生ヒーローになる作品が多いですね。

*3:下着の線が出るとカッコ悪いのでスパンデックスの下ははいてないらしいです。

*4:トビー・マグワイアの映画など。手首から直接クモ糸が出てました。

*5:個人的に運の悪い二大ヒーローはスパイディとデアデビル。二人ともその悲劇や孤独が似合ってしまうから仕方ない。いや、幸せになってほしいですけどね。

*6:ハルクの「インクレディブル」、ソーの「マイティ」は映画のタイトルにも使われてました。

*7:「親愛なる隣人」は文語的な翻訳ですが、最初にこう訳されたのがお決まりになって今でも使われてるんじゃないでしょうか。子供向けアニメなんかでは「良い子の味方」と訳されてたりします。

*8:メリー・ジェーン・ワトソン。詳しくは後述。

*9:トビー・マグワイア版の映画では無口でミステリアスなスパイディでした。あれはあれでヒーローっぽくて悪くないですけどね。

*10:他には…一応デアデビルとか?あとカマラ・カーンとか。アベンジャーズはみんな身元知れてるし、X-Menはそもそもほとんど顔隠してないし。

*11:Bug(虫)とBag(袋)のダジャレだ。

*12:MCU映画でも参加してましたね。

*13:アース-616ではこの状況である一方、グウェンの方がヒーローで、ピーターを死なせてしまったという次元もあります。これが「スパイダーグウェン」のシリーズ。

*14:黒いコスチュームの少年スパイダーマン。アルティメットバースというところの出身ですが、最近616に引っ越してきて、チャンピオンズの一員として活躍しています。

*15:上記グウェン・ステイシーの別次元の存在。白とピンクのコスチュームがオシャレ。

*16:ドクター・オクトパスに体を乗っ取られた状態のスパイダーマン。不遜で自信満々な物言いはオクトパスなのに、スパイダーマンの見た目だからやたらスタイリッシュ。

コメント