マーベル・パズルクエスト攻略&ヒーロー紹介:キティ・プライド(Kitty Pryde)

MPQ攻略情報キャラクター紹介編。
MPQでの能力説明のついでに一般的なキャラ紹介も。

【最終更新:2019/05/29】サーキットブレイカーについてちょっと追記

今回はX-MENの壁抜けレディ、
キティ・プライド(Kitty Pryde)

キャラクター情報:キティ・プライド(Kitty Pryde)

基本情報

キティ・プライド(Kitty Pryde)は物体を透過する能力を持ったミュータント。
少女の頃からX-MENの一員として活躍しています。

なんとなくX-MENの中では「新入り」「若手」なイメージが強いキティですが、今となってはもう頼りになるベテランです。

データベースからのキャラクター情報はこんな感じ。

キティ・プライド(Kitty Pryde)

  • 性別:女
  • 身長:5フィート6インチ(≒167.6cm)
  • 体重:110ポンド(≒49.9kg)
  • 瞳 :ヘーゼル
  • 髪 :ブラウン
  • 能力:自身や他の物質の無形化、姿を消す、コンピュータスキル、格闘
Kitty Pryde Powers, Enemies, History | Marvel
The official Marvel page for Kitty Pryde. Learn all about Kitty Pryde both on screen and in comics!

オリジン

キティことキャサリン・プライドは、生まれつき特殊能力を持ったミュータント。
物をすり抜けてしまうという能力が発現したのは13歳の少女時代でした。

彼女はX-MENの創始者プロフェッサーXに招待され、ミュータントの学園に入学。
当時のエマ・フロストが所属していた秘密結社ヘルファイア・クラブの襲撃から他のX-MENメンバーを救うために尽力し、最年少メンバーとしてX-MENに加わりました。

突出したコンピュータの才能と、制御の難しい透過能力、そして日本仕込みの格闘術をひっさげて戦うX-MANです。

ヴィジュアル

長い茶髪をなびかせたレディ…というくらいで、見た目の特徴はないっちゃあない。
X-MENの黄色いコスチュームを着てることもありますが、彼女特有のコスチュームはあんまりないのかな?

相棒であるピンクのドラゴン・ロッキードを従えていることが多いです。

ちなみにキティ・プライドは本名。
ヒーロー名としては”シャドウキャット(Shadow Cat)”と呼ばれることもあります1

能力

透過(フェーズ)・無形化

ミュータントとしての能力は、簡単に言えば「物をすり抜ける」こと。
細かく言うと、自分の体を原子レベルに分解して対象物の原子の間を通り抜ける
ものすごーくミクロなレベルで通り抜けているだけなので、自分も対象物も傷つくことはありません。

このすり抜けモードのことを「フェーズ」と呼びます。
自分の体の一部のみや、自分以外の人や物をフェーズさせることも可能。

物体を通り抜ける際は入ったときと同じスピードで動き続けることになり、壁の中にいる状態でとどまることはできません。
また、何かの内部をすり抜けている間は呼吸することができないため、実質キティが息を止めていられる範囲でしかフェーズできないということになります。

フェーズ状態では、キティには何の物質もエネルギーも触れることができません(魔法は効く)。
存在してるけど存在してない状態。いわば無敵状態とも言えます。
攻撃が効かないわけですから、防御面では最強クラスの能力です2

言ってみれば単純な能力なんですが、だからこそ強い。

コンピュータのエキスパート

キティは非常にIQが高く、高等教育を受けたこともあって科学技術に精通しています。
とりわけコンピュータに関してはX-MENでもピカイチ。
人間が作ったものはもちろん、技術の発展した宇宙人のものだろうとハッキングしてのけます。

ちなみに電気機器をすり抜けると回路をショートさせてしまうため、ロボットの敵には物理的にも強い。

格闘術・ダンス

父を追って日本に行ったキティは、悪の忍者集団に洗脳されたことがあります。
そのときに仕込まれたのが忍者の格闘術。
頭脳派と思いきや拳でもやりあえる万能型です。ちなみに日本語もペラペラ。

またプロフェッサーXに紹介されたスティーヴィー・ハンターという師匠にダンスを習い、今やプロレベルのダンサーでもあるようです。

相棒ロッキード

キティはピンク色の生き物・通称ロッキード(Lockheed)といつも一緒にいます。

ロッキードはドラゴンっぽい見た目の宇宙種族・フロックの戦士。
炎を吐いたりテレパスへの耐性があったりと高い能力を持ちます。
敵勢宇宙人ブルードとの戦いにおいて任務で宇宙にやってきたX-MENと出会い、キティと心を通わせ地球についてきました。
大きなにゃんこくらいのサイズで、キティの隣で丸くなってる姿はかわいらしい。

ロッキードがしゃべることはまずありませんが、実はあらゆる言語を理解することができ英語も話せるらしいです。

 

MPQ情報:Kitty Pryde(☆5:Uncanny X-Men)

概要

それではMPQのキャラ紹介。
☆5ランクで、区分はヒーロー、X-MENです。

サポート系にもかかわらずかなりの強キャラ。
対戦で苦労させられた人も多いでしょう。

キャラ名 別名 AP スキル
キティ・プライド
Kitty Pryde
UNCANNY X-MEN YE
8
フェーズと征服3 Phase and Conquer
イエロープロテクトタイルを生成。
(自動発動)ターン開始時、味方のストライク・アタック・プロテクトタイルが一定数以上ある場合、そのうち複数枚をパワーアップ。味方のX-MENの数だけタイルの必要数が減る。
PL
0
サーキットブレーカー Circuit Breaker
(自動発動)ターン開始時、敵のストライク・アタック・プロテクトタイル4がある場合、ガードされたリピートタイルを生成。カウントゼロになるごとに敵の対象タイルを無効化するか、対象タイルがない場合はダメージを与えてリピートタイルは消える。
RD
6
熟練した攻撃 Practiced Offense
レッドのカウントダウンタイルを生成。これが存在する間にチームの誰かが敵のスキルによる攻撃を受けた場合、アタックタイルを生成5

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

攻撃技はほぼ持たない、サポート型のスキル構成。
しかも受け型で、自発的な行動はあまりできません。
それなのになぜこんなにも強いのか。

秘密はフェーズと征服にあります。
味方のストライク・アタック・プロテクトタイルを5枚以上毎ターン無条件でパワーアップ
毎ターンというのがミソで、何もしなくてもどんどんパワーを積んでいき、そのうち手が付けられない状態に。
ストライク・アタック・プロテクトタイルを作る味方さえいれば、このスキルだけでかなりの強化が可能です。

 

サーキットブレーカー6敵のストライク・アタック・プロテクト・カウントダウンを無効化する効果。
ただ条件がちょっとややこしい。整理すると以下の通り。

リピートタイルがないとき
敵のストライク・アタック・プロテクトタイルがある?

  • ある → リピートタイル生成7
  • ない → 何も起きない
リピートタイルがあり、カウントがゼロになったとき
敵のストライク・アタック・プロテクトタイルがある?

  • ある → そのうち1枚を無効化 & 再評価 ※下に補足
  • ない → 敵にダメージを与えてリピートタイルを消す

リピートタイルはガードされた状態で生成され、相手のストライク・アタック・プロテクトタイルが存在する限り自動で生成されるのでかなり粘り強い。
スキルレベル5だとカウントダウンタイルも対象に含まれます(が、リピートのカウントがゼロになる前にカウントダウンのカウントがゼロになっちゃったら意味ないですが…)。

【2019/05/29 追記】
※下に補足
のところについて
スキルの説明文から読み取れるか微妙なところですが、「敵のストライク・アタック・プロテクトタイルがあるか」は2回評価されます。具体的には以下のような動き。

  1. ターン開始
  2. リピートタイルカウント 1→0 に
  3. 敵のストライク・アタック・プロテクトタイルがあるかを評価
  4. ある場合、敵のタイル1枚を上書きする
  5. 敵のストライク・アタック・プロテクトタイルがあるかを評価
  6. ない場合、攻撃してリピートタイル消える

4で終わりと思いきや、5でもう一回評価するんですね。
つまり、敵のストライク・アタック・プロテクトタイルが1枚存在する状態でリピートタイルのカウント0になると、その対象タイルを消してさらに攻撃もします
私が確認したのはリピートタイルが1ターンの場合なので、2ターン以上の場合は違う動きになるかも。そのうち検証します。8

 

熟練した攻撃敵のスキルによる攻撃を受けたときにアタックタイル生成。
通常のタイルマッチによる攻撃は含みません。
これはフェーズと征服でパワーアップできるタイルを生成するためのスキルでしょう。
3枚しか生成しないので、最低2回は発動しないとフェーズと征服の対象にはならないんですが。

 

やっぱりイエロースキルによる積み戦法がキティの一番の強み。
チームによっては最強レベルのパフォーマンスを発揮する一方、そぐわない場面ではほとんど何もできないとも言える。
彼女を一番活かせるチームに入れてあげましょう。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

フェーズと征服と最強の相性を誇るのは、☆4ロケット&グルート
このチームに苦しめられた人は多いはず。
☆4ロケット&グルートのイエロースキルは、バトル開始時に無条件で強力なストライクタイルをばらまくもの。
よってキティは1ターン目からいきなりフェーズと征服を発動でき、ただでさえ強力なストライクタイルをどんどん強化。ただのタイルマッチの攻撃で1000単位のダメージをあっさり与えることができます。

ここまでいかなくとも、パッシブでストライク・アタック・プロテクトタイルを量産できるキャラクターはいずれも相性よし。
ブレイドやダケン、☆3スパイダーマン、クローク&ダガー、ムーンナイト、そしてカーネイジやメデューサ。
パッシブじゃなくてもスペシャルタイルをばらまけるキャラや、☆4ルークやシュリといったタイルガードしてくれるキャラも悪くありません。

さらにX-MENを味方に入れておけば、フェーズと征服が発動する条件枚数が減るのでお得。

また敵がスペシャルタイルを生成しないのであればサーキットブレーカーを発動させるために、☆3ウルヴァリンやエレクトラ、ホークアイのような敵のスペシャルタイルを作る味方がいると嬉しいです。

敵との相性

サーキットブレーカーは、相手のスペシャルタイルが存在する状況でないとリピートタイルを生成できません。
そのため、ストライク・アタック・プロテクト(スキルレベルMAXならカウントダウンでも)タイルを作る敵がいない場合は一切発動できないので注意。
上にも書いたように、味方が敵のスペシャルタイル作ってくれれば問題なし。

熟練した攻撃は相手が攻撃スキルを持ってないと発動できません。
が、他の味方がスペシャルタイルを作ってくれるのであれば発動できなくてもたいしたデメリットではないかな。
カウントダウンタイルのカウントゼロになったときの攻撃も「スキルによる攻撃」に入るんですかね?そのうち検証。

 

敵の場合の対処法

これが難しい。
キティ単体というより、上記のような相性の良いキャラとチームを組んでいる場合は非常に危険。

第一に、フェーズと征服の対象タイルをさっさと消してしまう
タイル破壊や敵のタイル無効化できるキャラはもちろん有効。

キティがストライク・アタックタイルの攻撃力を積んでくる場合、こっちには大ダメージを受けたときにやり返す味方がいるといいです。
☆3ハルク(タイル変換)、レッドハルク(タイル破壊)、ビショップ(AP獲得)、シング(プロテクトタイル生成)など。

キティがプロテクトタイルの防御力を積んでくる場合、敵のタイルを破壊・無効化できないとどうしようもないかも。持久戦にはなりますが、攻撃力を積まれるよりは危険は少ないかな。

第二に、キティを真っ先に沈めてしまうなり気絶させるなりする
軽い気絶スキル持ちのスパイディやビショップ、アイスマンは悪くありません。
あとはこっちも攻撃力を上げて殴り合うか。

 

サポート

相棒のロッキードが推奨サポートです。

  • Rank1 ターン開始時、一定確率で味方のスペシャルタイルガード9
  • Rank3 敵のスキルによって受けるダメージ減少
  • Rank5 装備キャラのスキル発動時、一定確率でストライクタイル生成
  • 推奨キャラ装備時 バトル開始時、チームのX-MEN1人につき1つのプロテクトタイル生成

スペシャルタイルを生成してガードする、キティ向きの補助サポートです。

対戦イベント

今のところないはず。

 

最後に

X-MENの中心人物の一人であるキティ、堂々の強キャラとしてMPQ参戦を果たしました。
早く黄色が欲しいなあ。

今回の記事はここまで。


  1. 昔はスプライトとかアリエルとかも名乗ってました。他にもいろいろ。
  2. デッドプールがX-MENを殺す話(「デッドプール・キルズ・マーベルユニバース」)でも、キティのことはどうしようもないので、無限迷路のような四次元立方体に閉じ込めて延々すり抜けさせ続けるという手段をとってました。
  3. 「フェーズ」というのが、能力の項に書いたすり抜け能力のこと。”Conquer”は「征服」というか「うまいこと勝つ」みたいな意味でしょう。
  4. スキルレベル最大の場合はカウントダウンタイルも。
  5. 公式訳では「強さ3のアタックタイルを85枚」とか意味不明なことになってますが、「強さ85のアタックタイルを3枚」が正しいです。
  6. これはエンジニアリング用語でしょうか。機器やシステムに負荷がかかりすぎないように止めること。キティが相手の防御をすり抜け無効化するイメージみたいですね。
  7. 既にリピートタイルが存在する場合は重ねては発動しません。
  8. もしそうなら、上書きした後のリピートタイルが登場してすぐにカウント0になったという扱いなのかも。それはバグなような…。
  9. 公式訳だと「増強」ってなってますが言語は”fortify”なのでパワーアップではなくガードするってこと。

コメント

  1. 匿名 より:

     最もお世話になっているキャラなのでコメントさせていただきます。

     「4★ロケット&グルート」のコンビは現状、最強の一角でしょう。
    「HP10万の敵×3」をパワーアップしていなくても2人だけで何とか倒せます。

     対戦ならば(5★が余程揃っている人でもなければ)
    シールドシュミレーターならば「5★キティ、4★グルート、4★ビショップ」が最強でしょうか。
    余程運が悪くなければビショップが倒されるまでに、「1人を倒して、2人はスタン」させられるので、ビショップを回復させれば良いだけなので10連戦以上も可能です。
    4★ビショップが高レベルの場合、倒せる気がしないです。

     火力で行けば「4★ビショップの代わりに、4★メデユーサや、4★カーネージ」が強いでしょうか。
    「4★グルートの代わりに、4★ヴァルキリー」も行けます。

    「4★サノス」の青スキルでもSPタイルを消せますが、育っている人も少ないので見かけないです。

     一方、相手で苦手なのが「タイル破壊」と「高防御」です。
    「4★ローグ、4★ザ・ハルク、4★シング」がいると無理には挑みません。
    「3★ハルクや4★レッドハルク」はちょっと嫌ですが、最後に倒せばよいのでそこまで気にはしません。

     カウントダウンや各種SPタイルを「1つだけ」自動生成する、キャラがカモです。
    単体で編成されている時はサクッと倒せます。
    「3★アイアンフィスト、3★ルークケージ、3★スカーレットウイッチ、4★メデューサ」等でしょうか。
    (4★カーネージも乱戦で一気に倒せるので割とカモです。)

     特にメデューサの「からみつく罠」からのダメージは「熟練した攻撃」でアタックタイルが生成されますので、「赤が6p」溜まった時点でほぼ勝敗が決します。

     「熟練した攻撃」が反応するスキルは他にもあるのでしょう。

     今後も頑張ってください。

    • yakan3(管理人) より:

      コメントありがとうございます。
      自分で使う側の情報をあまり持っていないので、参考情報助かります!
      日頃の行いが悪いのか赤スキルしか手に入らず、自分ではあまり使えていません…。

      攻撃力アップのイメージが強いですが、スパイディとかとシングとかと組んで防御特化にするのはありでしょうか。
      やりにくい相手には、気絶込みで持久戦に持ち込む方法もあるかなと机上論として考えました(自分はせっかちなのでやらないと思いますが)

      キティはチームにいるだけで強力な効果が発動できるので、AIの隙を突く戦法があまり効かないのも厄介です。
      逆に自分が使う上では、CPUはスペシャルタイルを積極的に消す動きをしてこないのでよりいっそう強いんじゃないかと。

      キティ&グロケットは強すぎるから弱体化しろという声もあるんですが、お世話になってるプレイヤーも多いし今のままかもしれませんね。