マーベル・パズルクエスト攻略&ヒーロー紹介:ドクター・ストレンジ(Docter Strange)

MPQ攻略情報キャラクター紹介編。
MPQでの能力説明のついでに一般的なキャラ紹介も。

今回は2017年の映画公開と併せて追加された強キャラ
ドクター・ストレンジ
ヴァリアントは☆3(Stephen Strange)、☆5(Sorcerer Supreme)の二種類。

キャラクター情報:ドクター・ストレンジ(Docter Strange)

基本情報

本名スティーブン・ストレンジ*1
別名ソーサラー・スプリーム(至高魔術師)。文字通り地球最強の魔法使いです。

マーベルデータベースからの情報はこんな感じ。

ドクター・ストレンジ(Docter Strange)

  • 性別:男
  • 身長:6フィート2.5インチ(≒189cm)
  • 体重:180ポンド(≒81.5kg)
  • 瞳 :グレー
  • 髪 :ブラック、こめかみは白
  • 能力:魔術、武道、時間操作 等

 

Doctor Strange (Stephen Strange) | Characters | Marvel
Formerly a renowned surgeon, Doctor Stephen Strange now serves as the Sorcerer Supreme—Earth’s foremost protector against magical and mystical threats.

頭脳派かと思いきや、意外とマーシャルアーティストでもある。

オリジン

卓越した技術を持つ神経外科医だったスティーブン。
能力の高さゆえに慢心し、裕福な患者ばかりを選ぶような傲慢な男でしたが、事故によって自慢の両手に取り返しのつかない障害を負ってしまいます。

治療の方法を血眼で探すスティーブンは、噂を頼りにチベットの奥地に棲むという魔術師のもとを訪れました。
そこで出会った魔術師エインシェント・ワンに弟子入りし、魔術を操る能力、そして、その力を邪悪と戦うために使おうという高潔な正義の心を手に入れたのです。

彼の名は……ドクター・ストレンジ!
コミックの最初によくこういう紹介文が入りますよね。

彼のオリジンはMCU(Marvel Cinematic Universe:映画のこと)で描かれたものでだいたいカバーできるみたいですね。コミックのエインシェント・ワンはおじいちゃんですが。
魔術修業時代のストーリーは邦訳コミックでも読めるようです。

ドクター・ストレンジ:シーズンワン (ShoPro Books)

  • 作者: グレッグ・パック,エマ・リオス,光岡三ツ子
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2016/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

ビジュアル

ドクター・ストレンジといえば襟の立った赤いマントに口ひげ*2
そしていかにも知的なこめかみの白髪の筋。
すごーくコスプレちっくなんですが大真面目な顔でお召しになってるので何も言えませんね。似合ってるし。

MPQではおもいっきり映画のベネディクト・カンバーバッチ風デザインです。
実物よりハンサム?

親指・人差し指・小指を立てたキツネ風ハンドサインは魔術のポーズ。
スパイダーマンとおそろい。

能力

なんせ至高魔術師ですから、だいたいのことはできます。

手を触れずにものを移動させたり自分も瞬間移動したり飛行したり、人の心を読んだり未来をのぞいたり時間を行き来したり、異次元へのポータルを開けたり魔法ビームで怪物と戦ったり。

魔法使いがやりそうなことはできる」と思っておけば特に問題ないでしょう。
魔法使いらしく魔術グッズも色々持ってますし、呪文の詠唱もします。

強キャラ設定なものですから、戦う相手もたいていスケールがでかい。
アニメのアルティメット・スパイダーマンでは、非常に格好良く登場しておきながらすぐ負けそうになるという愉快な姿も披露してくださいます。

とはいえ深遠な魔術への知見はマーベルユニバースで右に出る者はいません。
地球に重大な危機が迫ったときにはドクターに相談です。

 

MPQ情報:Doctor Strange(☆3:Stephen Strange)

概要

まずは☆3の方。区分はヒーローです。
至高魔術師の名は伊達ではない、他のキャラクターにない強スキルを持ちます。
体力が低いのは仕方ない。これでなかなか死ななかったらさすがに強すぎる。

キャラ名 別名 AP スキル
ドクター・ストレンジ
DOCTOR STRANGE
STEPHEN
STRANGE
BU
9
Cyttorakのクリムゾン・バンド Crimson Bands of Cyttorak
ターゲットを気絶させ、選択したベーシックタイルをカウントダウンタイル(ボード上にある間、ターンごとにその色の敵のAPを破壊し、ターゲットにダメージを与える)に変える。
PL
11
Agamottoの目 Eye of Agamotto
敵のアタックタイル、プロテクトタイル、ストライクタイル(最大レベルだと透明タイルとトラップタイルも)を無効化し、パープルAPを獲得。
YE
0
Faltineの炎 Flames of the Faltine
(自動発動)敵がスキル発動したとき、ターゲットにダメージを与え、味方全員の体力を回復。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

どれも最大レベルにしておきたい強スキル。なぜか固有名詞扱いで英語表記のままですが。

代名詞とも言えるスキルはFaltine*3の炎
パズルクエストはスキルゲーの側面もあるとどこかに書きましたが、ドクターはそのスキル発動を逆手に取ります。
攻撃だけじゃなく回復もしてしまうのが非常に強力。

最も効果を発揮するのはモブ戦でしょう。
タイル操作せずスキル発動(カウントダウンタイル生成)ばかりしてくるモブが相手なら、こちらがなにもしなくても向こうが勝手にこれにひっかかって倒れていってくれます。
ストーリーバトルの手間が格段に省けます。一家に一台便利な魔術師。
ただし、自動発動スキルは対象となりませんので注意。

Agamotto*4の目は、スキルレベルを上げておけば、透明になられて手も足もでなくなるような相手(ハワード・ザ・ダックやスー・ストーム、マイルス・モラレス、プロフェッサーXなど)なんかに対応できる数少ないスキル。
また厄介なトラップタイル(ジェシカ・ジョーンズや、☆4エレクトラ、☆5ロキなど)の対処にも役立つでしょう。
こういったタイルを生成しない相手なら、このスキルはレベルを抑えておいてもいいと思います。

そして超強いと言わざるを得ないCyttorak*5のクリムゾン・バンド
必要APは9とそれほど多くないにも関わらず、気絶&攻撃&AP獲得を兼ね備えた強スキル。
ドクター唯一の自発的攻撃手段(イエロースキルはパッシブなので)でもあるので、ブルーAPは積極的に獲得していきましょう*6

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

スキル発動条件は特にありませんので、誰と組み合わせても活躍してくれるでしょう。

体力が低いのが弱点なので、防御タイプのキャラクターをチームに入れておくと安心です。
ブルズアイやルーク・ケイジのようなプロテクトタイル生成系か、コロッサス、☆3デッドプール、ローグのような肉壁系

ブルーAPを使いたいので、色かぶりは避けた方が無難でしょう。
スパイディやキャップやデアデビルみたいなブルーの気絶スキル持ちはおもいっきり役割がかぶります

タイル崩しのすべは持たないので、パズル運が悪いのが心配な方は他のタイル崩し/変換系キャラをチームに入れておきましょう。

敵との相性

敵のスキル発動を狩るFaltineの炎は、スキルの必要APが少ないキャラクターには特に有効に働きます。
敵のAIはスキル発動のタイミングをはかることは基本的にない*7ため、勝手にスキル発動して勝手に倒れていってくれることもよくあります。

一方、自動発動スキルには対してはまったく無力
天敵と言ってもいいんじゃないかというのがアメリカ・チャベス。
すべてが自動発動スキルで、APが溜まるほどに大きなダメージを与えてきます。
体力の低いドクターは殴り倒されてしまうでしょう。

また、気絶させられてしまうと当然発動できませんので、敵が気絶スキルを持っているときはドクターが狙われないよう注意です。

それからAgamottoの目がありますので、強力なパワーアップタイルや透明タイル、トラップタイルなど、厄介なタイルを撒いてくるキャラクターには的確に対応できます。
ただしカウントダウンタイルは処理できません。

 

サポート:ウォン(WONG)

映画に登場した図書館司書のウォンがドクター向けのサポートです。
効果はこちら。

  • Rank1:装備キャラがブルータイルをマッチしたとき、一定確率で追加のブルーAPを獲得。
  • Rank2:味方がスキル発動したとき、一定確率で敵のスペシャルタイルを無効化。
  • Rank3:味方が5マッチ以上したとき、敵の最強カラーのAPを減らす。
  • Rank4:装備キャラの最大体力が増加。
  • Rank5:装備キャラがマッチしたとき、一定確率で味方のカウントダウンタイルのカウント数を増やす。
  • ドクター装備時?:ドクター・ストレンジが敵を気絶させたとき、一定確率で気絶ターン数が増加。

Rank5とドクター装備時の効果は思いっきりCyttorakのクリムゾン・バンド用サポートですね。
ドクターを持っていたら装備しておくに越したことはないでしょう。

 

対戦イベント:STRANGE DAYS

ドクター対ドクターのバトル。

クリムゾン・バンド先にドクターを気絶させた方がマウントを取れると思っていいのだ。
ブルーAPを稼ぐのを優先です。
相手のドクターを気絶させてしまえばFaltineの炎も怖くありません。

上記の通り、自動発動スキルで攻撃できるキャラクターはドクターに対してかなり有効です。アメリカ、イエス!
もしくは体力の低いドクターを一撃で葬れるような攻撃力の高いスキル持ちもいいでしょう。

 

MPQ情報:Doctor Strange(☆5:Sorcerer Supreme)

概要

続いて☆5。区分はヒーロー、かつこっちはアベンジャーズみたいです。
☆3の完全上位互換。スキルの中身はほぼ同じです。体力が低いのも同じ。
とはいえ☆5はそうそう手に入らないので、☆3を捨てる必要はありません。

キャラ名 別名 AP スキル
ドクター・ストレンジ
DOCTOR STRANGE
SORCERER
SUPREME
BU
9
Cyttorakのクリムゾン・バンド Crimson Bands of Cyttorak
ターゲットを気絶させ、選択したベーシックタイルをカウントダウンタイル(ボード上にある間、ターンごとにその色の敵のAPを破壊し、ターゲットにダメージを与える)に変える。
PL
11
Agamottoの目 Eye of Agamotto
特殊なアイタイル(毎ターン敵のアタックタイル、プロテクトタイル、ストライクタイル(最大レベルだと透明タイルとトラップタイルも)を無効化)を生成。アイタイルはマッチも移動もできない。
YE
14
Faltineの炎 Flames of the Faltine
ターゲットにダメージを与える。
(自動発動)敵がスキル発動したとき、ターゲットにダメージを与え、味方全員の体力を回復。

スキル

☆3とほぼ同じスキルですが、☆5なので攻撃力は格段に上がっています。

Agamottoの目は大幅強化。
アイタイル(Eye Tile)という特殊なタイルを生成し、これが毎ターン敵のスペシャルタイルを消していきます。
アイタイルはドクターが気絶/空中にいても活動し続けます。
マッチはできないそうですが、スキルで破壊することはできるんでしょうかね。
そのタイルは操作できなくなるので、パズル的にはやや扱いづらいです。

Faltineの炎は、ただでさえ強力な常時発動に加えて、アクティブ発動もできるようになっています。
敵のスキル発動に依存しなくなるというのは効果的。

 

他キャラクターとの相性

おおよそ☆3と同じですが、Faltineの炎が自発的に発動できるので、自動発動スキルのみの敵にもそこまで無力ではありません。
体力が低いところは同じく要注意ですね。

 

サポート

上記のウォンの追加効果はこっちのドクターにも適用されると思います。

 

最後に

ストーリーイベントに便利で対戦にも強いドクターは、ファンからの人気もバツグン。
ルックスもイケメンだ。
ブルーイエローのカバーアートを手に入れたら、積極的に手持ちに加えていいキャラクターだと思います。

今回の記事はここまで。


*1:つづりは”Stephen Strange”なのでステファンと読みたくなる日本人のわたくしですが、スティーブンと発音するらしいです。とりあえず変ななーまえ。

*2:アニメだとタイバニの虎徹さんみたいな猫ヒゲだったりします。キュートか。

*3:カタカナにするならファルティン。

*4:カタカナにするならアガモット。

*5:カタカナにするならサイトラック。映画でカンバーバッチがあやとりしてたオレンジの光の糸ですね。

*6:ブルーはドクターの最強カラーでもあるため、敵のAIはブルーを積極的にそろえてくる傾向にあります。ドクターが敵にいるときは要注意。

*7:同じ色のスキルを複数キャラクターが持っている場合、APが多くても強い方のスキルを優先することはあります。

コメント