【マーベルヒーロー】パニッシャー(The Punisher):無慈悲なるヴィジランテ

マーベルキャラクターの紹介、今回はニューヨークの闇を狩る男、
パニッシャー(The Punisher)

MPQのスキル紹介は別記事をどうぞ。

キャラクター情報:パニッシャー(The Punisher)

基本情報

パニッシャーことフランク・キャッスル。
家族を殺された怒りを懲悪へと向けた恐るべき必殺仕置き人。

悪党には決して容赦しないハードな男ですが、心に秘めるは愛と正義なのです。

映画化も何作かされており、最近はNetflixのドラマ版デアデビルにも出演していました。
ファミリー向けなキャラクターとはいえませんが、人気が高いことには違いありません。

マーベルデータベースからの情報はこんな感じ。

パニッシャー(Punisher)

  • 性別:男
  • 身長:6フィート1インチ(≒185.4cm)
  • 体重:200ポンド(≒91.7kg)
  • 瞳 :ブルー
  • 髪 :ブラック
  • 能力:鍛え抜かれた肉体、近接戦闘、射撃
https://www.marvel.com/characters/punisher-frank-castle

 

オリジン:マフィアを憎む復讐者

フランク・キャッスル1は信心深い男。
罪と罰の思想を信じてアメリカの海兵特殊部隊に加わり、献身的な仕事ぶりは高く評価されていました。
愛する妻と二人の子供をもうけ、ニューヨークで幸せに暮らしていました。

しかしある休日、家族でピクニックに出かけたところ、フランクが少し席を外した間に悲劇が襲います。
妻と子供がマフィアの取引現場を目撃し、その場で殺されてしまったのでした。

愛する妻と子供の無惨な最期に、フランクは血の涙を流し復讐を誓いました。

そして罪のない人々を苦しめる悪党たちを野放しにしておけぬと、徹底的に悪を叩きつぶすヴィジランテとなったのです。

今や彼のまとうドクロを目にした悪党は、恐怖に怯えてその名を口にします。
”パニッシャー(罰を下す者)”と。

ヴィジュアル:闇に潜むドクロの影

パニッシャーの服装はきわめて機能的。
かつ獲物の悪党を恐怖に震え上がらせることも忘れない。

黒ずくめの戦闘服に、胸に掲げた白いドクロがパニッシャーの印。
全身にはガッツリ武器を仕込み、いつでも戦闘準備は万端。
黒いロングコートを着ていることもあり、非常にクールでスタイリッシュです。

あまり特徴的な見た目をしてるわけではないので、ドクロマークでパニッシャーだと分かる感じです。
髪型はオールバックの印象が強いですが、最近は短髪になったり無造作ヘアだったり色々変わってますね。

体格はそれほど巨大なわけではありませんが、コミックのMAXシリーズなんかではかなりガッチリ強靱な肉体で描かれています。

MAXコミックは邦訳版も出ているので、ハードな描写に抵抗のない方はぜひご一読を。
登場する無口なフランクは得体が知れず恐ろしいです2

パニッシャーMAX:ビギニング (MARVEL)

  • 作者: ガースエニス,ルイスラローサ,Garth Ennis,Lewis Larosa,秋友克也
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2016/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

 

能力:戦闘能力と精神力

パニッシャーにスーパーパワーはありません。

彼の持つ能力は、特殊部隊の訓練で身につけた強靱な肉体と格闘・射撃の戦闘術。
そして何より、心に燃えさかる復讐の業火と、自らをなげうって目的を果たそうとする鋼の精神力です。

能力的には飽くまで人間レベルにとどまりますが、パニッシャーは最強キャラの部類と言っても過言ではないと思ってます。
パニッシャーが出てきたとなったらどんなヒーローもヴィランも「厄介なことになった」と眉をひそめることでしょう。

実際、「もしもパニッシャーの復讐対象にヒーローが含まれていたら」として、パニッシャーがヒーローたちを殺して回る話もありました。なんと邦訳されてます。
デッドプールがヒーローを殺す話との二本立て。ちなみにプールとパニッシャーは仲悪いです(お互い「お前人殺しだろ」と思ってる)。

デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース (MARVEL)

  • 作者: カレン・バン,ガース・エニス,ダリバー・タラジッチ,ドギー・ブレイスウェイト,小池顕久
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2013/12/20
  • メディア: 単行本

※画像はAmazonへのリンク

 

パニッシャーの強靱な精神力

このパニッシャーの強さというのものは、精神的な要素によるもの。

悪党には容赦せん

これが第一にして最大のパニッシャーの特徴。
罪のない人々を殺すような悪党は「死すべし」というストレートな信条を持ち、悪党を殺すことにいっぺんのためらいもありません。
ここがスパイダーマンのような不殺をモットーとするヒーローとは一線を画すところでもあります。

シビルウォーではヒーローに転向しようとしたB級ヴィランをあっさり殺してしまい、キャプテン・アメリカにこっぴどく怒られていました3

執念深く追いつめる

フランクの動機は「無辜の妻と子供たちを奪われた復讐」。
おそらく誰と戦うときでもこれを忘れたことはないでしょう。

一度目を付けたターゲットのことは決して逃がしません。
しかるべき報いを与えるまではどこまでも追い続ける、それがパニッシャー。
そのしつこさは彼を止めようとするヒーローたちにとっても厄介な点です。

自らの苦痛を顧みない

パニッシャーは決して怯みません。
何があろうと悪党を殲滅せんとする強い精神力ゆえ、自分がこうむる苦しみや痛みなんて大したことではないのです。

自分が悪党にするような拷問を自分がされたとしても、フランクが屈することはないでしょう。

というわけで、常時スーパーアーマー状態でプレイヤーを追いかけ続けてくる敵がいたら厄介ですよね。
パニッシャーというのはそういうこと。
敵に回さないに限ります。普通に清廉に生きましょう。

ちなみに黒装束のヴィジランテつながりということで、バットマン4と共演したコミックもあったりします。
なんと邦訳もあり。

バットマン:パニッシャー (マーヴルスーパーコミックス)

  • 作者: 小学館プロダクション
  • 出版社/メーカー: 小学館プロダクション
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: コミック

※画像はAmazonへのリンク

 

最後に

キャラクター的にはハードでスタイリッシュ、昨今人気のダークヒーローとして今後も活躍が望まれます。

日本ではけっこう昔から注目されてましたよね。
映画もあるし、拷問ゲームもあるし。
子供向けな人ではないのでアニメへの出演は望み薄ですが。

今回の記事はここまで。


  1. 生まれたときの苗字は「カスティリオーネ(Castiglione)」だったそうです。イタリア系なのかな?
  2. メル・ギブソンの「キック・オーバー」を思い出した。素性も目的も不明の超強い男がマフィアをつぶす映画。
  3. 米軍出身のフランクはキャップを非常に敬愛しており、素直に言うことをききます。やはりフランクが正義の心を持っているゆえでしょう。
  4. バットマンはMARVELではなくDCコミックのキャラクター。MARVELとDCは仲悪いですが、ときどきこうやってコラボしてくれます。

コメント