マーベル・パズルクエスト攻略&ヒーロー紹介:パニッシャー(The Punisher)

マーベル・パズルクエストの攻略情報。キャラクター紹介です。

今回は対戦イベント開催中ということで、
パニッシャー(The Punisher)。

一般的なキャラクターとしての紹介は別記事に分離しました。

【マーベルヒーロー】パニッシャー(The Punisher):無慈悲なるヴィジランテ
マーベルキャラクターの紹介、今回はパニッシャー。大人向けのダークヒーロー。ドクロコスチュームはダサい気がするのに彼が着てるとクールです。

MPQ情報:The Punisher(☆3:Dark Reign)

概要

まず☆3キャラ。区分はヒーローチーム・キャプテン
☆3の方はちょいと…だいぶおっさん成分の濃いお顔になってます。もうちょっぴりスタイリッシュにしてもいいのでは…1

スキルはどれも軽い攻撃型。
体力を削ってから一気にとどめをさせるのが強力です。

キャラ名 別名 AP スキル
パニッシャー
THE PUNISHER
DARK
REIGN
BK
8
モロトフ・カクテル Molotov Cocktails
敵全体に攻撃し、レッドリピートタイル(アタックタイルを生成)を1枚生成。
GN
8
ジャッジメント Judgement
ランダムな位置の3×3タイルを破壊し、ストライクタイルを生成。
RD
9
因果応報 Retribution
ターゲットを攻撃する。ターゲットの体力が一定割合以下だと即時ダウンさせる。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

いずれも必要APが少なめなのが魅力。

一見火力が低いですが、因果応報の即死的効果が強力。
スキルレベル最大だと、ターゲットのライフが40%以下であれば即ダウンさせることができます。
敵の体力が高いほど、そして敵と自分のレベル差があるほど威力を発揮するでしょう。
必要AP9にして、敵の最大体力が10000なら最大4000ダメージ。
最大体力が20000なら最大8000ダメージを与えることができる燃費の良い技です。
自分より能力の勝る超人でも仕留めていくパニッシャーらしいスキルですね。

あとの二つは、軽く攻撃系のスペシャルタイルを増やすことができます。

モロトフ・カクテルはリピートタイルを配置。
スキルレベル最大だと2ターンごとにアタックタイルを増やしていきます。
じわじわダメージを積んでいくのは、敵からすればうっとうしいことこの上ない。
追加効果の全体攻撃も、ダメージ量は少なめですが地味に便利だったりします。

ジャッジメントは破壊したタイル分のダメージをターゲットに与えますが、APは獲得しません。
これも低めのコストでストライクタイルを増やす手段として使えます。
モロトフ・カクテルによるアタックタイルのダメージ量を増やせるわけです。

じわじわ体力を削り、とどめは一気にという感じ。
レッドスキルは常に最大にしておくのが望ましいでしょう。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

アタックタイルを生成するので、攻撃力を上げてくれる味方がいれば効果が上がります。
☆3ファルコンなどはアタックタイル自体のパワーアップをしてくれます。
ダケンやサイロック、ロケット&グルート、ブレイド、アイアンフィストのストライクタイル生成も嬉しいです。

またリピートタイルをガードできる☆4ルークやシュリも役に立つでしょう。
ジャッジメントのタイル破壊は位置を選べないため、自分でせっかく生成したスペシャルタイルを消してしまう可能性がありますので。

パニッシャーは防御手段を持たないので(体力も高くない)、敵が強いときはプロテクトタイル生成できるスパイディやマグニートー、ファルコン、ルークなどで守りを固めましょう。
因果応報によるとどめ狙いならなおさらです。

軽くスキル発動できるので、カマラやプロフェッサーXなどのパッシブスキル発動も狙いやすいでしょう。

 

敵との相性

軽いスキルでじわじわ体力をむしばみ、閾値を超えたところでガツンと沈めるのが気持ちいい。
スキル発動を狩ってくるドクター・ストレンジや☆4ルークが相手のときは、チームメイトに気絶スキル持ちを入れておいたほうが良さそうです。

ランダムですがタイル破壊できるので、モブ含め厄介なスペシャルタイル設置型にも対応は可能でしょう。

アタックタイルとストライクタイルを返してくるムーンストーンやロキなどにはもちろん要注意。まあ、これもタイル破壊で済ませられるかもしれませんが。

因果応報が効果的なのは、ハルクやソーなど体力の高い相手2
レベル差のある相手でも沈めることはできますが、強敵に長期戦を挑むのは運が強くかかわってくるため注意が必要です。

単純な火力で言うとそれほど高くはないですが、因果応報を活用すればすばやく一掃することもできます。

サポート

専用サポートはありません。役に立つ効果はこんなところ。

  • スペシャルタイルガード
  • スペシャルタイルパワーアップ
  • 体力アップ
  • ダメージ減少
  • ブラック、グリーン、レッド攻撃力増加
  • ブラック、グリーン、レッドAP獲得

クインジェット、現実の石、魂の石、時間の石、シュリのラボ、ヴィブラニウム鉱石、キャロルの通信機、チューイ、ポケットラジオ、ロッキード、タスクマスターの剣、とかがあります。

 

対戦イベント:孤軍奮闘(Army of One)

パニッシャー対パニッシャー。

特に相手チームが格下の場合、最も注意すべきはやはり因果応報による即死。
相手のパニッシャーのスキルレベルを確認し、体力何%までが安全圏内かをチェックしておきましょう。

…ただし相手チームが他に必要AP多めのレッドスキルを持っている場合、レッドAPをそちらに回そうとして、因果応報を使ってこないことが多いです3
他のスキルについても同様。
よって、相手のパニッシャーのチームメイトが誰かということがとても重要になってきます。

逆に同じ色のスキルを持つ仲間がいなければパニッシャーの低コストスキルをバンバン使ってきます。
1回1回のダメージは大きくありませんが、油断すると蓄積していつのまにか体力が削られているということに。

相手のパニッシャーの方が上手の場合、長期戦を挑まない方が賢明でしょう。

 

MPQ情報:The Punisher(☆4:MAX)

概要

続いて☆4キャラ。区分はヒーローチーム・キャプテン

こちらはMAXレーベルコミックのデザインで、巨大で強そうになっています。
これはいかにも容赦ない。

☆4パニッシャーもストライクタイルを駆使する攻撃型。パニッシャーらしいユニークなコンボも持っています。

キャラ名 別名 AP スキル
パニッシャー
THE PUNISHER
MAX4 BK
10
厳罰 Punish
ターゲットに攻撃し、味方のストライクタイルの枚数に応じてダメージ量が増加。
味方が全員気絶/ダウンしている場合、このスキルは「孤軍奮闘」になる。
BK
7
孤軍奮闘 Army of One
ストライクタイルを生成後、ターゲットに攻撃。味方のストライクタイルの枚数に応じてダメージ量が増加。
アクティブな味方がいる場合、このスキルは「厳罰」になる。
GN
10
無慈悲な攻撃 Merciless Charge
味方2人を気絶させ、敵全員を攻撃。ダウン状態の敵の数に応じてダメージ量が増加。
BU
8
武器のプロ Weapons Expertise
ストライクタイルを生成。
(常時発動)味方のストライクタイルがパワーアップ。

スキル

タイル破壊はなくなっており、攻撃力を上げてガンガン殴っていく攻撃型スキル構成になっています。

無慈悲な攻撃は味方を気絶させて敵全体に攻撃。
味方気絶はデメリット効果に思えますが、ブラックスキルを孤軍奮闘にパワーアップするコンボ狙いが一つ。
さらに、味方が気絶するということは自分が前に出るということでもあるので、自分が盾になるという裏効果もあるのです。

孤軍奮闘厳罰の単なる上位互換だと思ってよいです。
そのため、パニッシャーは味方がいないほど強くなると言える5

武器のプロはパッシブ効果が強力。
ストライクタイルを無条件でパワーアップ(スキルレベル最大だと25%パワーアップ)するため、ストライクタイルをより効果的に使うことができます。
あとカットインイラストで武器のお手入れするフランクがシュールでおもしろい。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

ストライクタイルをパワーアップし、さらにそれを利用して攻撃技に転じるので、ストライクタイルは多ければ多いほどよい。
ダケンやアイアンフィスト、ブレイド、ロケット&グルート、ウルヴァリンなどのストライクタイル生成持ちとは相性抜群です。
☆3ファルコンや☆4キャプテン・マーベル、キティ・プライドのような、スペシャルタイルをパワーアップするキャラクターがいれば攻撃力が大変なことになるでしょう。

攻撃力が上がれば、アタックタイルもより効果的に使えます。

 

敵との相性

攻撃力をぐっと上げられるので、常時防御力が高い相手にも対応しやすいでしょう。
もちろん、ストライクタイルを奪ってくる相手には要注意です。

軽めのスキルを積んでからとどめを持って行くタイプなのは☆3と同じ。
よってスキル発動狩りに弱いのも☆3と同じ。

タイル崩しや変換はできないので、殴って済まない相手の場合は、補助系の味方を入れておきましょう。

1人だと孤軍奮闘が強くなるので、デッドプールデイリーの1対1バトルは勝ちやすいと思われます。

 

サポート

こちらも専用サポートはありません。役に立つ効果はこんなところ。

  • スペシャルタイルガード
  • スペシャルタイルパワーアップ
  • ブラック、グリーン、ブルー攻撃力増加
  • ブラック、グリーン、ブルーAP獲得

魂の石、空間の石、時間の石、ヴィブラニウム鉱石、キャロルの通信機、チューイ、ロッキード、タスクマスターの剣、とかがあります。

 

最後に

軽めの攻撃型としてなかなかバランスのいいパニッシャー。
容赦なく攻めたいときには採用しましょう。

キャラクター的にはハードでスタイリッシュ、昨今人気のダークヒーローとして今後も活躍が望まれます。
日本ではけっこう昔から注目されてましたよね。
映画もあるし、拷問ゲームもあるし。
子供向けな人ではないのでアニメへの出演は望み薄ですが。

今回の記事はここまで。


*1:

*2:大人向けハードレーベル。MPQの☆4パニッシャーはこのデザインです。

*3:

*4:MPQvsデッドプールイベントでデッドプールが「デアデビルはいいやつだから戦いたくないな。キャッスル、てめーにはなんとも思わないぜ」と言うのはこういうわけ。

*5:

*6:

*7:ボス系の敵にも効果はあるはず。カエシリウスみたいな通常攻撃無効の相手にはダメだと思いますが。そのうち検証します。

*8:私は落ち着きがなくせっかちなのであんまり使いません。でも因果応報は使ってみれば便利かも。

*9:AI全体敵に、チームで同じ色のスキルが複数ある場合、「必要APが多い方」を優先する傾向があるようです。そのため、APが溜まってすぐに必要APが少ないスキルを使ってくる確率は高くありません。とはいえAPが溜まりそうにないと判断すると必要APの少ないスキルを使ってくることもあるため、油断は禁物。

*10:なぜか「最大」と日本語化されてますが、大人向けコミックレーベル「MAX」のことなので固有名詞なんです。

*11:味方が一人でもアクティブだと孤軍奮闘にはならないので注意。

  1. ☆3のパニッシャーとブレイドはなんかちょっとおっさん感が強いんですよね。☆4はカッコイイのに…。
  2. ボス系の敵にも効果はあるはず。カエシリウスみたいな通常攻撃無効の相手にはダメだと思いますが。そのうち検証します。
  3. AIはチームで同じ色のスキルが複数ある場合、「必要APが多い方」を優先する傾向があるようです。そのため、APが溜まってすぐに必要APが少ないスキルを使ってくる確率は高くありません。とはいえAPが溜まりそうにないと判断すると必要APの少ないスキルを使ってくることもあるため、油断は禁物。
  4. なぜか「最大」と日本語化されてますが、大人向けコミックレーベル「MAX」のことなので固有名詞です。
  5. 味方が一人でもアクティブだと孤軍奮闘にはならないので注意。

コメント