ミラキュラス レディバグ&シャノワール:ストーリーと感想【第50話 カタリスト】

フランス発の日本風変身ヒーローアニメ・ミラキュラスのストーリーと感想です。
本話までのネタバレを含みますので、視聴予定の方はお気を付けください。

話のナンバリングは日本のディズニーチャンネル準拠。
各エピソードの目次はこちら

第50話 カタリスト(Catalyst)

今回は前後編、ヒーローズ・デーのパート1。
パリの街を真っ赤なアクマたちが跋扈する。

ストーリー

プロローグ

「ヒーローズ・デー」は誰かにいいことをする日。
何も案を考えていなかったマリネットは、パパのマカロンをクラスのみんなにあげることに。

アドリアンは窓から父ガブリエルの後姿を見て浮かない顔。
そんなアドリアンを送り出したナタリーは、ガブリエルに声をかけた。今日のヒーローイベントでレディバグの姿を見れば、彼女を恨むリラは怒りの感情に支配されるはずだ、と語る。

アクマ誕生

学校では、自称旅行中のリラが教室にビデオ通話をつないでいた。
例によってセレブ自慢を並べ立てるリラに、それが嘘だと知っているマリネットはお怒り顔。だがなぜかクラスのみんなはリラの言葉を信じて感心している。

ヒーローズ・デーでどんないいことをするか、みんなの立派な発表を聞いたマリネットは肩身が狭くなってくる。
クロエに去年と同じだとからかわれ、大々的な試食会を開いてみんなを招待する、と勢いで宣言してしまった。

とはいえパパは市長に依頼されたケーキ作りで忙しい。
正直に話せばわかってもらえるとママに励まされつつも、マリネットはがんばって自分でマカロンを用意することに。

ガブリエルは作戦を進行中。テレビでレディバグをたたえてヴォルピーナをけなし、リラを挑発していた。
リラの怒りを感じ取ったガブリエルはホーク・モスに変身し、アクマの蝶を差し向ける。
ミサンガに蝶が宿ると、リラは喜んでヴォルピーナに変身した。

ヴォルピーナは幻影を作り出し、アクマタイズされたレディバグがシャノワールを殺してミラキュラスを奪う光景をパリ中に目撃させた。
そして一度アクマタイズを解除され、時を待つことに。

ホーク・モスはパリに広がる悲しみにほくそ笑んでいた。
そして背後で控えていたナタリーを、力を増幅する能力を持つカタリストへとアクマタイズする。
カタリストはホーク・モスのアクマを解放する力を増幅させた。
パワーアップしたスカーレット・モスはアクマの蝶を大量に生み出し、パリの街へ解き放った。

ヒーロー登場

大量のお菓子なんか当然作れなかったマリネット
正直に話すしかない状況だが、アドリアンに「試食会に行く許可をもらえた」と笑いかけられては言い出しにくい。

と、学校のみんなの様子がおかしいことに気付く。
レディバグが悪に染まったというニュースにパリ中の人々が嘆き悲み、スカーレット・モスが放ったアクマの蝶によって次々とアクマタイズされていく。
赤い体のアクマたちは、モスに呼ばれてどこかへ向かっているようだ。

マリネットはトイレでレディバグに変身し、マスター・フーのもとへ向かう。

アドリアンも変身を図るが、アドリアンを守ろうとするゴリジラに捕まってしまう。
プラッグの手を借りて物陰に逃げると、シャノワールに変身。

ヒーローズ・アッセンブル

ホーク・モスは透明なバニッシャーにレディバグを見張らせ、仲間の居場所を探ろうとしていた。
だが尾行に気付いたレディバグは敵を下水道におびき寄せ、バニッシャーのアクマを浄化。
元に戻ったサブリナから偽レディバグの話を聞き、幻を見せるヴォルピーナが現れたのだと悟った。

マスター・フーを訪ねたマリネットは、信頼できる仲間を呼ぶため三つのミラキュラスを借りる。

レディバグは一緒に隠れていたアルヤニノのもとへ。正体を明かすことになって申し訳ないと言いながらもそれぞれミラキュラスを渡す。
ニノがキャラペイスだと当然知っていたアルヤは、さっさとリナ・ルージュに変身。
鈍いニノはアルヤの変身に戸惑ったりうっとりしたりしつつ、キャラペイスに変身。

レディバグからハチのミラキュラスを預かったシャノワールはクロエの家に。
呼びに来たのがレディバグじゃないことにぶつくさ言いつつ、クロエもクイーン・ビーに変身。

エピローグ

5人のヒーローは、エッフェル塔に集ったアクマたちの動向をうかがう。
エッフェル塔に降り立ったのは、スカーレット・モスその人だった。

感想とメモ

ガブリエルとナタリーが、いよいよちゃんとした作戦を打つようだ。

ヒーローズ・デーでいいことをしよう!

人のためになることをする、という街をあげてのイベントだそうだ。

ニノは老人ホームで音楽をかけてあげる。
アドリアンはフェンシング教室で中国語を、中国語教室でフェンシングを教えてあげる(フェンシング教える?)。
アルヤは障害のある子どもたちのために学校の設備を整えるよう、市長に約束をとりつけた。

ナタリーとガブリエル

地下室にホーク・モス以外の人間がいる光景は今回が初めて。
ナタリーへのアクマタイズの様子からして、マイナスの感情を利用しなくても同意があればアクマタイズできるということか。

今までさんざん気にしてきたが、やはりホーク・モスが与えたアクマの力は、ホーク・モス自身にも作用するようだ。
今回はそれを利用して自分がパワーアップを果たした。逆に言えば、アクマの裏切りでホーク・モスが窮地に陥るようなこともありえるってこと。ホーク・モスがあの地下室から出ないのはそういう理由もあるのかもしれない。

ナタリーがあんなふうに若干邪悪な笑みを浮かべるのは今までなかった。
でもガブリエルに「いつでもそばにいる」と語る目には愛情がこもっている。
ナタリーはガブリエルとエミリーの「約束」を知っているらしいが、どういう経緯で今のような関係になったんだろうね。

スカーレット・アクマラッシュ

倒したはずのアクマたちが復活する展開はやっぱりいい!
アクマたちみんなカッコイイから、一話で消えるにはもったいないし。

でもアクマタイズされるにはやっぱりマイナスの感情が必要。怯えず精神を保てる人間はアクマタイズされなかった。
マリネットとアドリアンはもちろん、自信満々のクロエ、励まされたジュレカ、二人一緒のアルヤとニノ、さすがバスティエ先生、今こそ活躍しろオウル、強いぞノラと双子ちゃん。

しかし量産されたアクマが好き勝手に動き出したら収集つかなくなるだろう。操作系のアクマがいっぱいいるとお互い操りあったりして大変そうだ。

ストーンハート、ジャイガンタイタン、ゴリジラ、グラシエーター、ゲーマーのロボはおんなじサイズ感。
ホリフィケーターも、もうちょっとちっちゃかった気がするが同じくらい。
ギター・ヴィランのファングは一回り小さい。

操るのに苦労してたジャイガンタイタンなんかも整然と動いてるってことは、カタリストによって強化されたのはホーク・モスの「支配」の能力の部分なんだろう。

ちなみに「カタリスト(catalyst)」の意味は触媒。

帰ってきたスーパー嘘つきのリラ!

リラに手を振らなかったのは、怒ってるマリネットと悲しそうなアドリアン。あと不満げなクロエ。

通話を切った瞬間のリラの顔がこわい。

リラは学校でのみならず、親にも嘘をついて好き勝手に生活している。
それが嘘だと気づかない親はよほど忙しいのか(外交官なのは本当らしい)、リラに興味がないのか。
散らかったリラの部屋にはいろんな仮面が飾られてる。

今回はパリ市民を悲しませる幻を見せただけで退場したが、次回さらなる悪事をはたらくのかどうか。

リラは死ぬほど感じ悪いけど、あれもクロエとおんなじ自己防衛のための嘘なんだよね。
今までずっとああして自尊心を保ってたんだろうなって感じ。

レディバグがシャノワールを……

やっぱりカタクリズムで生命も滅びるよな……。
えぐい幻を作り出した、さすがの意地悪娘。

本物のレディバグとシャノワールが出てこない限り、市民には幻だと分からない。

あれで本物のレディバグが信用されなって、アドリアンがゴリジラに捕まって変身できないから誤解が解けない……みたいな流れかと思ったら違った。あの幻はパリ市民を悲しませるためだけのものだったらしい。そういう話は他でやってたっけ?

その他ポイントメモ

  • 一晩中悪と戦い、ベッドに入るや否や夜が明ける。ヒーローはつらいぜ。
  • 6時5分にフェンシングで35分には中国語教室ってことは、フェンシングは正味15分くらいしかやらないってことかな。そういうものか?
  • アグレスト家の庭にはエミリーの彫像が。
  • リラのお母さんは本当に外交官らしい。「ベッラ(bella)」はイタリア語で「かわいい子」的な。
  • 5人のヒーローがそろった写真はどうやって作ったんだ?
  • イキイキとするオウル。待ちに待ったヒーローズ・デーって感じ。
  • 「間違いに向き合うのも勇気がいること」マリネットのママの言葉はホッとする。
  • ガブリエルがにこやか(笑)にテレビに出てると思ったら、リラを挑発するためだった。ヴォルピーナのことなんてみんなもう忘れてるよねえ。
  • ジャゲッド「レディバグが負けたらもうロックなことが起こらない!」
    クララ「コンサートも中止!」
    そんなに問題なさそう。音楽バカの二人は気が合うようだ。
  • プラッグの息フーで地割れが。おそろしい。
  • ホーク・モス、レディバグの尾行はついでじゃなくてガッツリやるべきでは?
  • サブリナのメガネはへし折られたまま。
  • マリネットがミラキュラスを選んでる間、ミラクルボックスの中では「わたしわたし!」「こっち選んで!」とかやいのやいの言ってるのかな。
  • もちろんアルヤはニノの隠し事くらいお見通し。マリネットの隠し事は分からないけど。
  • ニノとウェイズが「dude~」って仲良さそう。
  • クロエとシャノワールがまともにしゃべるのってあんまりなかった。
    ここぞとばかりにクロエをからかうシャノワール。
  • スーパーヒーローシグナルをちゃんと用意してあるクロエ、さすが。HALP!
  • アルヤとニノはいいけど、リナ・ルージュとキャラペイスさぁ……。

今回の記事はここまで。


 

コメント