マーベル・パズルクエスト攻略&ヒーロー紹介:グウェンプール(Gwenpool)

マーベル・パズルクエストの攻略情報。キャラクター紹介です。
MPQでの能力説明のついでに一般的なキャラ紹介も。

今回はプレイヤーを戸惑わせる率の最も高いであろう破天荒キャラ、
グウェンプール(Gwenpool)。

キャラクター情報:グウェンプール(Gwenpool)

基本情報

グウェンプールは現実世界のコミックオタク少女
夢の異世界転生(転移?)を果たし、いつもコミックで応援していたヒーローたちと一緒に悪党と戦うことができちゃってサイコー!というメタキャラです。

ヒーローネームは本名の「グウェンドリン・プール(Gwendolyn Poole)」から来ています。

マーベルデータベースからの情報はこんな感じ。

グウェンプール(Gwenpool)

  • 性別:女
  • 身長:5フィート7インチ(≒170cm)
  • 体重:レディにきかないでよ
  • 瞳 :ブルー
  • 髪 :ブロンド&ピンク染め
  • 能力:オタク知識、メタ行動、異世界転移

 

Gwenpool | Characters | Marvel
Medium-aware Gwendolyn Poole enters the universe of fiction to escape her unsatisfying life and holds knowledge of the entire Marvel Universe.

 

オリジン

ヒーローとしてのオリジン

グウェンは「現実世界=アース-TRN565」のブルックリンに住む少女
(「アース」についてはマルチバースの記事も参照。)
いつもスパイダーマンやキャプテン・アメリカが登場するコミックを楽しく読んでいました。
私たちとおんなじです。

そんなある日、彼女はなぜかコミックの世界(アース-616)に飛び込んでしまいます
そこではコミックで読んでいたような悪党が暗躍し、コミックで読んでいたようなヒーローが活躍しているではありませんか。アンビリーバブル!

じゃ、アタシも憧れのヒーローになれちゃうじゃん!
よーし、コスチュームを発注して武器を調達して、その辺の悪党を倒しちゃお!
この世界のキャラのことなら何だって知ってるんだから最強だよね!

というわけでVRゲーム感覚で傭兵稼業を始めたふともも丸出しヒーロー、彼女の名はグウェンプール。

大人気のグウェンプールは新参キャラの割に邦訳本がたくさん出てるよ。
たぶん今後も増えてくから追っかけてよね。

グウェンプール:こっちの世界にオジャマしま~す (MARVEL)

  • 作者: クリス・ヘイスティング,グリヒル,ダニーロ・ベイルーチ,御代しおり
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2017/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

※画像はAmazonへのリンク

グリヒルさんのポップでキュートな絵柄がグウェンにぴったり。
ときどきゲストアーティストがやたらセクシーデザインにしちゃうのは勘弁な。
ぶっちゃけ頭身がでかいとあの太もも丸出しコスチュームがますます恥ずかしい。

……というのがヒーローとしてのオリジン。

 

キャラクター創作上のオリジン

メタな話として、「グウェンプール」というキャラクターが生まれた経緯というものもそれなりに有名でしょう。

「グウェン」というのは、スパイダーマンの元恋人グウェン・ステイシーの名前。
グリーン・ゴブリンにさらわれたグウェンを死なせてしまったことがスパイダーマンの大きな心の傷になっている、という重要キャラクターです。

典型的な「ヒロイン」キャラだったグウェンは、マーベルの戦略により新たなヒーローとして抜擢されました。
それが「スパイダーグウェン」というキャラクター*1
彼女もまた、アース-616*2とは別の次元の出身で、そっちの次元でヒーロー活動を行っています。

んで、このスパイダーグウェンにちなんで、色んなバージョンのグウェンを描いてみようという企画で登場した一人がグウェンプール
おわかりの通り、グウェン+デッドプールでグウェンプール

インパクト満載なヴィジュアルにデッドプールの破天荒なキャラがあいまって、妙な人気が発生
これを受けたマーベルが、じゃあこいつでコミックシリーズを作っちゃおうと踏み切った結果、上記の通りのグウェンプールというキャラクターが生まれたわけです。読者人気は絶対。

2016年にコミックが初登場ということで、ものすごい新参キャラです。

 

ヴィジュアル

スパイダーグウェンのデッドプールバージョンということで、ヴィジュアルも二人を足した感じ。
デッドプール風のボディスーツにウェストポーチ、そして頭にちょこんと余り布の出たマスク
カラーはスパイダーグウェン風に白とピンクで構成されています。

コミック的には、このコスチュームはヒーローコスチューム屋さんにお願いしてデザインしてもらったもの。
ピンク系でお願いと発注したら、布が足りなかったせいで太ももを出すことになってしまいました。
おかげでよく「ズボン履け」とツッコみを入れられています。

マスクの下は、金髪にピンクのグラデーションを入れた女の子。
高校中退しているそうですが、まだハイティーンくらいの年齢と思われます*3
グリヒル氏のアート(上に載せた邦訳本の表紙のような)だといかにも少女っぽいですが、他のアーティストが描くとちょいと化粧の濃いムチムチのお姉さんになったりします。

ちなみにMPQでは素顔のイラストは登場しません。*4

 

能力

グウェンはフツーの女の子なので、スーパーパワーはもちろん、格闘術やスパイ術なんか身につけてるわけありません。

彼女の強みは、コミックの知識が全部頭に入ってるというオタクっぷり
ありとあらゆるキャラクターのオリジンや能力を知り尽くしているため、それを利用してうまく立ち回ることができる…かも。
もちろん、読んだことのない新キャラには全くの無力です。

また、自分がコミックの中にいると分かっているという第四の壁を破るメタ視点も能力の一つ。
ページをまたいでモノを取ってきたり、コマや吹出しを触ったり破ったりもできます。
デッドプールがゲームの体力ゲージを振り回して攻撃するようなものですね。

ヒーロー(というか傭兵)として活動しはじめてからは、戦闘員としての基本的な身のこなしや、銃器・日本刀の扱いも習得したようです。
チームメイトのバトロックおじさん*5が訓練に付き合ってくれたおかげ。

 

MPQ情報:Gwenpool

概要

☆4キャラのグウェンプールはヒーロー区分。
スキルの中身も説明もあまりに破天荒ですが、きっちり把握しておけば意外と攻守補助の揃った万能キャラクターになる…かも?
キャラ説明ページの邦訳はなんかデッドプールっぽい口調になってますね。たぶん間違い。

最もややこしいパープルスキルについては下で細かく整理するのでご安心を。

キャラ名 別名 AP スキル
グウェンプール
Gwenpool
GWEN
POOLE
PL
9
大手柄!*6 ’SPLOITS!
開発者コンソールをいじって好きな効果を発動しよう。タイル破壊、スペシャルタイル消去、余裕があればジョークをかませ。
BK
9
プロットアーマー Plot Armor
プロテクトタイルを生成し、味方を空中に飛ばす。
GN
0
デウス・エクス・マキナ Deus Ex Machina
(常時発動)バトル開始時、ガンタイルを1枚生成。
ガンタイルが消えるとこのスキルは「チェーホフの銃」になる。
GN
10
チェーホフの銃 Chekhov’s Gun
ターゲットに3回攻撃。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

スキルの名前でメタキャラ色全開ですね。

プロットアーマー*7は味方を犠牲にしてプロテクトタイルを生成。
最大4✕175=700防御なのでけっこう強くなります。
味方を空中送りにする*8のも、うまく使えば敵の大ダメージスキルを回避させるのに使えるかもしれません。
自分が盾になるなんてさすがグウェン。

グリーンスキルはデウス・エクス・マキナ状態では何の意味もありません。ガンタイルがなんらかで消えれば攻撃技のチェーホフの銃として使えるようになります。*9
ガンタイルを消すには、大手柄!のタイル破壊も役に立つでしょう。
チェーホフの銃は3回攻撃なので、プロテクトタイルやストライクタイルの効果も3倍入ることになると思われます。
スキルの説明だと何回攻撃できるか変わるっぽく見えますが、実際は不明。グリーンを手に入れたら検証しますのでご容赦。

さて、問題の大手柄!ですが。
Sploitsとはチートコードのようなもの。グウェンがゲームの開発者コンソールをハックしてくれます。
9つのコードの中から3つを押して、好きな効果を発動させましょう。

具体的にどのコードを入れるのか、公式フォーラムとか英語のWikiにも情報は載ってますがこのブログにも載せておきます。公式情報交換推奨スキル。

 

パープルスキルのコードと効果一覧

コードは以下の通り1~9の番号で表現しています*10
効果は3つの番号の組み合わせによって決まり、押す順番は関係ありません。

効果 詳細 コード
攻撃+タイル列消去 左から1列目 249
左から2列目 156
左から3列目 123
左から4列目 278
左から5列目 569
左から6列目 589
左から7列目 137
左から8列目 279
ランダム 679
攻撃+タイル行消去 上から1行目 469
上から2行目 135
上から3行目 168
上から4行目 136
上から5行目 124
上から6行目 246
上から7行目 189
上から8行目 148
ランダム 149
攻撃+タイル隅っこ消去+パープルAP獲得 左上 256
右上 169
左下 245
右下 568
ランダム 356
攻撃+タイルランダム破壊 349
攻撃+敵のアタックタイル消去 237
攻撃+敵のプロテクトタイル消去 689
攻撃+敵のストライクタイル消去 478
ジョーク+パープルAP獲得 うぬぼれモード 138
大奮闘 その他
#チームピンク
1337 M0d3

効果について補足。

  • タイル破壊によってAPは獲得できません
  • 「隅っこ」というのは、文字通り一番隅の1タイルのことです。
    さらに隅っこ消去の場合、パープルAPが5返ってきます
  • タイルランダム破壊の枚数はスキルレベルによって固定です。
    位置がランダム。
  • 敵のアタック/プロテクト/ストライクタイル消去は、対象のタイルがない場合は攻撃のみの効果となります。
  • コロッサスのファストボール・スペシャルなどで「ランダムにスキル発動」した場合は、開発者コンソールは出てこず、いずれかの効果がランダムに発動します。
    たぶん、ジョーク系が発動することはないんじゃないかな…。

 

それからジョーク効果について。
戦闘に役に立たない悪ふざけ効果が4つあります。気分転換にでもどうぞ。
うぬぼれモード以外は、上記の表に載っていないコード(「125」とか「789」とか)を押したときにランダムに3つのうち1つが発動します。
さすがにそれだけだとかわいそうだからか、ジョーク効果を引いてしまった場合もパープルAPが5返ってきます

  • うぬぼれモード:グウェンの見た目が変わります。原語の「Big Head Mode」の名の通りですな。
  • 大奮闘:敵にダメージを与えます。なんと渾身の2ダメージ。これは大奮闘!
  • #チームピンク:グウェンのスキル説明文が変わります。パープルじゃなくてピンクだという主張。
  • 1337 M0d3:グウェンのスキル説明文が変わります。スキル名は「リート*11モード」。日本語版だとひらがな入れ替えになるけど、個人的には ≠″ ャ 」レ 文字 レニ 変 ぇ ゑ @ カゞ ょ カゝ っ ナニ 気 カゞ ι ます。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

訳がわからないうちは扱い方が分からないかと思いますが、一度把握してしまえば攻撃、防御、タイル破壊を兼ね備えたバランス型なグウェンプール。

いろいろな手下チームメイトとうまく組み合わせられると思います。

欠けているといえば色変換ができないこと
APがたくさん欲しい場合には色変換・AP生成系スキルのチームメイトがいた方がいいでしょう。

プロテクトタイルで防御力を上げられるので、体力低めな味方の盾にもなってくれそうです。
まあ、彼女自身も体力は低いんですが。
ちなみに空中送りにされた味方がダメージ受けるとはどこにも書いてないですが、受けないんですよね?ブラック手に入れたら検証します…。

攻撃面ではチェーホフの銃が3回攻撃になるので、ストライクタイルによる攻撃力アップの効果が3倍増のぞめる…はず、理論上。グリーン手に入れたら検証します。
グウェン自身は攻撃力アップできないので、味方に補ってもらうといいでしょう。

 

敵との相性

パープルスキルで狙った位置のタイルを破壊できたり、敵のアタック/プロテクト/ストライクタイルを消去できたりするのが強み。
強力なスペシャルタイルを生成してくる相手や、モブ戦でも活躍が見込めます。

プロットアーマーで味方を空中送りにできるので、強力な全体攻撃持ちが相手の場合に緩和できるかも。
逆に、エンジェルなどの空中の敵を狙ってくるたつまきスキル持ちには警戒が必要です。

グウェン自身は体力が低いので、大ダメージスキルを持っている相手がいたら、一気に沈められる前に防御を固めておく方がいいでしょう。

 

サポート

専用サポートはありません。役に立つ効果はこんなもんか。

  • スペシャルタイルガード
  • スペシャルタイルパワーアップ
  • 体力アップ
  • ダメージ減少
  • グリーン、パープル、ブラック攻撃力増加
  • グリーン、パープル、ブラックAP獲得

ラッキー、力の石、魂の石、時間の石、ヴィブラニウム鉱石、キャロルの通信機、チューイ、ロッキード、タスクマスターの剣とかがあります。

 

対戦イベント

あったっけ?

 

最後に

何しろ新参キャラクターのため、英語Wikiでも「このキャラ誰?」と言われる始末のグウェンプール。
デッドプール人気にあやかってか日本では続々コミックが発売されていますので、今後ともがんばってください。

やりたい放題に見えますが、実際は力も何もなく故郷に帰れなくなったひとりぼっちの少女であるという切なさも抱えています。
ヒーローとしての素質は充分。

ちなみに私はかつて大手柄!の効果を知らずにとりあえずビッグ3(キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー)を押してました。毎回ランダム行破壊でした。

今回の記事はここまで。また会おうぜ。


*1:MPQやってる方はご存じでしょう。白いフードのオシャレなスパイダーウーマンです。

*2:いわゆる正史の次元。「ピーター(スパイダーマン)がグウェンを死なせてしまった世界」がアース-616で、スパイダーグウェンの生きるアース-65では逆に「グウェン(スパイダーウーマン)がピーターを死なせてしまった世界」です。

*3:マーベルキャラクターは基本的に年齢は特定されていないのですが。

*4:スパイダーグウェンはキャラ選択画面とかスキルカットインイラストとかで素顔も見せてくれてますが。

*5:おフランス人の傭兵。アルティメット・スパイダーマンとかアベンジャーズ・アッセンブル系のアニメをご覧になった方はずっこけC級ヴィランのイメージが強いと思いますが、グウェンプール誌のバトロックは非常にまともで面倒見がよく好感度高いです。

*6:意訳なのかもしれませんがちょっとニュアンス違う気が。どっちかと言うといわゆる「チート」的な意味です。

*7:いわゆる「主役は死なない」ご都合展開のこと。

*8:スキル説明で「あれ?」と言ってるのは、正確には「ゴメンネー(棒)」みたいな意味です。(”Oops?”)

*9:デウス・エクス・マキナ(=伏線もなく突然出てくる万事解決オチ)がチェーホフの銃(=意味なく出てきたと思われたものが終盤で伏線だったと分かる)に変わるってのは秀逸。

*10:他キャラクターのシンボルマークですね。どういう基準で選ばれてるのかは謎ですが。

*11:いわゆる「ハッカー語」。アルファベットを似た文字に置き換えて書く英語圏の文字遊び。E→3とかa→4とかY→¥とかに変わるわけです。

コメント