マーベル・パズルクエスト攻略&ヒーロー紹介:ビショップ(Bishop)

MPQ攻略情報キャラクター紹介編。
MPQでの能力説明のついでに一般的なキャラ紹介も。

今回は未来から来たX-Men・ビショップ(Bishop)

キャラクター情報:ビショップ(Bishop)

基本情報

ビショップ(Bishop)はミュータントが迫害されている未来からタイムトラベルしてきたミュータント。
右目に刻まれた「M」のタトゥーは、彼の生まれた時代でミュータントに押される烙印のようなものです。

データベースからのキャラクター情報はこんな感じ。

ビショップ(Bishop)

  • 性別:男
  • 身長:6フィート6インチ(≒198cm)
  • 体重:275ポンド(124.7kg)
  • 瞳 :ブラウン(能力を使うと赤く光る)
  • 髪 :ブラック
  • 能力:エネルギー吸収、格闘、狙撃
Bishop (Lucas Bishop) Powers, Enemies, History | Marvel
The official Marvel page for Bishop (Lucas Bishop). Learn all about Bishop both on screen and in comics!

オリジン

フルネームはルーカス・ビショップ。
彼が生まれたのは正史の世界とは別軸(アース-1191)の近未来1
そこではミュータントは「普通の人間」から隔離された収容キャンプに押し込まれていました。
ミュータントの両親のもとに生まれたビショップは自身もミュータント能力を持ち、右目に「M」の烙印を押されます。

彼の世界ではプロフェッサーXを含むX-Menのほとんどは殺されてしまっていましたが、X.S.E.(Xavier Security Enforcers)という組織がその意志を継ぎ人間とミュータントの平和的共存を目指す活動を行っていました。
ビショップと妹のシャードもX.S.E.の一員に加わります。

やがて宿敵を追ってタイルトラベルしたビショップは正史のX-Menと出会い、自身もX-Menとしてミュータントを苦しめる未来を防ぐために全力で戦うのでした。

ヴィジュアル

ビショップの特徴はやはり右目の「M」のタトゥー。
彼の時代を生きたミュータントにはほとんど刻まれているもので、妹のシャードにも同じタトゥーがあります。

外見は黒人系で、長い黒髪とヒゲがとってもクール。
ガチムチなボディをX-Menのブルーのスパンデックスに包んでることが多いかな。

MPQの絵師はどう見てもケーブルと同じ人ですね。
目に傷があったりタイムトラベラーだったり大きな銃を持ってたりと、ケーブルと属性がかぶってるところもあるビショップです。後述のメサイア・ウォーではケーブルと思いっきり戦ってました。

 

能力

ビショップは先天的なミュータント。
武器を扱うコンバット能力や射撃に長けていますが、特筆すべきはエネルギー吸収能力

外から発せられたエネルギー(サイキックなエネルギーや魔法も)を吸収して自分の体に溜め込み、発射したり、自分自身を強化したりすることができます。

また片腕を任務の中で失ってしまい、人工のサイバネティック・アームにすげかえています。
この腕は超人的なパワーを出せるのみならず、タイムジャンプも行うことができるようです。

 

未来戦士の宿命

ビショップは正史のX-Menよりもちょっと未来を生きています2
彼が「現在」のX-Menと共闘するのは、自分が味わった暗黒時代の到来を止めるため
苦しみを経験したからこそ、それを防ぎたいという思いもとても強いのです。

が、その思いの強さが裏目に出て暴走してしまうことも。

邦訳でも読めるメサイア・ウォーというコミックシリーズ。
これはミュータントが絶滅しかけた世界で最後の希望である少女・ホープを、ケーブルが守り育てる話。
ところがビショップはホープこそがミュータントへの脅威だと思い込み、タイムトラベルで放浪するホープとケーブルを暗殺しようと執拗に狙い続けます
「邪魔するやつらはみな殲滅!どうせホープが死ねば存在しなかったはずの人間たちだからかまやしねえ!」と暴走しちゃうんだからもう。

最終的にビショップは自分の過ちに気付くのですが、このシリーズだけ読んでた私はビショップがヴィランだと思っちゃってました。ゴメンネ。

X-フォース/ケーブル:メサイア・ウォー Vol.1 (メサイア・ウォー) 

  • 作者:デュアン・スウィルジンスキー、クレイグ・カイル、御代しおり他
    ジェイミー・マッケルビー、アリエル・オリベッティ、マイク・チョイ
  • 出版社:ヴィレッジブックス
  • 発売日:2016/07/15
  • メディア:単行本

新品はヴィレッジブックスの公式サイトから購入してね。

X-フォース/ケーブル:メサイア・ウォー Vol.1 |ヴィレッジブックス
ミュータントの未来を拓く救世主(メサイア)と目された赤ん坊。赤ん坊は激しい争奪戦の末にケーブルに託され、二人は...

ただこのシリーズは話が込み入ってて登場キャラクターも多いので、じっくり読める方向け。

 

MPQ情報:Bishop(☆4:Classic)

概要

それではMPQのキャラ紹介。
☆4ランクで、区分はヒーロー、X-Menです。

エネルギー吸収能力を持つビショップは、受けに特化した独特の性能。
敵にいると相当にやっかいです。

このキャラは2019/4/12現在未邦訳なので、以下は筆者訳です。

キャラ説明画面より
ルーカス・ビショップは時の迷い人。ミュータントが迫害される未来からやって来た彼は、現代のX-Menと出会い第二の故郷を見つけた。チームの一員として、エネルギーを操るミュータント能力を弱き者を守るために振るいながらも、真の目的を忘れることは決してない。彼自身が経験した恐ろしい出来事から、これから訪れる未来を守ることだ。
キャラ名 別名 AP スキル
ビショップ
BISHOP
CLASSIC RD
0
オーバークロック Overclocked
(自動発動)味方が一定以上のダメージを受けるとき、ビショップが前に出て攻撃を受ける。ビショップの受けた累積ダメージが一定量を超えるごとにターゲットにダメージを与える。
BU
0
総予備 General Reserves
(自動発動)ビショップが一定以上のダメージを受けたとき、ブルーAPを獲得。
ビショップのブルーAPが10以上の場合、このスキルはEnergy Conversionになる。
BU
10
エネルギー変換 Energy Conversion
ターゲットを気絶させ、敵の最強カラーのAPを破壊する。
(自動発動)ビショップのブルーAPが10未満の場合、このスキルはGeneral Reservesになる。
YE
10
未来のために For the Future
敵のスペシャルタイルを味方のプロテクトタイルに変える。
(自動発動)ターン開始時に味方のプロテクトタイルが2枚以上ある場合、それらを消去してブルーAPを獲得。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

能動的に攻撃する手段は持ちませんが、チームに加えられる攻撃を受け止めてAPを溜め込んでいきます
ローグと似たタイプですが、ローグは吸収を攻撃に転じるのに対し、ビショップはどちらかというと吸収に特化。
公式フォーラムで誰かも言っていましたが、吸収したエネルギーをAPだけでなく回復や自分の強化に転じられたらよりビショップっぽかったですね。

Overclockedは肉壁スキル。
味方に向けられたダメージを自分が受け、さらに自分が受けたダメージ量の累積によって反撃します。
例えば初期レベルだと自分が1852ダメージ受けるごとに反撃しますが、
一気に1852ダメージ受けたときではなく、受けたダメージの合計が1852を超えたとき
反撃を一度行うと合計はリセットされて、再び被ダメージ合計が1852を超えたときにまた反撃します。

バトル時、今どれくらいダメージを受けたかは、Overlockedのスキル説明欄に表示してくれるので分かりやすいよ3

気絶中に受けたダメージが計算に入るのかどうかは未検証。気になるところですが。

ビショップのダメージ源はこの自動発動レッドスキルのみ
彼はやはり攻撃担当とするより、壁やAP獲得する補助役として使うのが有用でしょう。

General Reservesの方はレッドスキルとは異なり、一度に受けたダメージ量が大きいと発動します。
ちっちゃいダメージをコツコツ与えられた場合は発動しないということ4
これで獲得したブルーAPが積み上がると、気絶スキルのEnergy Conversionが使えます。

Energy Conversionは最大4ターンの気絶。
ブルーAP獲得の手段が多いので実質の燃費はかなりいいと思います。

For the Futureは敵のスペシャルタイルがないと発動できないので注意。
プロテクトタイル生成…と見せかけて実はこれもブルーAP獲得。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

ブルーAP獲得させたら右に出る者はいねえ
強いブルースキルを持つキャラには非常に心強い味方です。

ビショップ自身が攻撃手段に乏しいですので、ビショップの集めたエネルギーをガンガン使ってくれる攻撃タイプとは噛み合わせがいいと言えます。

また勝手に前に出る肉壁キャラですので、体力低めのキャラを守ってくれるでしょう。

ちなみに肉壁系のキャラは☆3デッドプール、コロッサス、ローグ、シングなどがいますが、彼らが同じチームにいた場合は誰が優先して前に出るんでしょうかね?
次々前に出てきて、最後に出てきたキャラがそのまま残るのか。
そのうち検証してみまーす。

 

敵との相性

全体的に受け身のスキルばかりなので、敵に攻撃をしてもらわないと能力が発揮できません
タイル操作を行わないモブや、自分よりレベルの低い相手に対して使うのは有効とはいえませんね。

むしろ格上の相手や攻撃力の高い相手に率先して向かうべき。
受けに回したときのうっとうしさは、自分がビショップを相手にしてみればよく分かります。

普通に相手にすると手に負えない、☆4ロケット&グルートやメデューサ、カーネイジにキティ・プライドをからめた攻撃力積みまくりチーム5でもうまくかわせます。
被ダメージでAP獲得でき、イエロースキルでスペシャルタイルも消せるのが効果的。

 

敵の場合の対処法

ビショップを相手にするのはとにかく厄介。
先に倒してしまえと思ってもダメージをくらわせると気絶や攻撃を返してきますし、
じゃあ放っておこうと思っても勝手に前に出てきちゃう。

特に相手のチームに強力なブルースキルを持つキャラがいる場合は、ビショップにブルーAPを生成されないよう常に警戒が必要です。

一番はやはり、気絶させ無力化してしまうこと。
そして気絶してる間に一気に片付けてしまいましょう。

軽々しく使えないのはパッシブで敵にダメージを与えるドクター・ストレンジやアメリカ・チャベス、☆4デッドプール、☆4キャプテン・マーベルなど。
意図しないタイミングでビショップに攻撃をしてしまってまんまと反撃される、となると面倒です。
通常の戦闘では有効な自動発動攻撃ですが、ビショップが相手にいる場合は別の方法を考えましょう。

 

サポート

新しい☆4キャラには専用サポートが追加される運びだと思いますが、2019/4/13現在はまだ追加されてませんね。
追加されるとしたら妹のシャードかなーと思いますがどうかな。

被ダメージ量でスキル発動するため、防御系のサポートはない方がいいです。
攻撃スキルがない分、サポートで攻撃力を補完してもらう方がいいでしょう。

 

対戦イベント

確かあったような気がしますね。
ブルーAPの奪い合いになって愉快だったような。
先に相手のビショップを無力化させた方がマウントを取れるでしょう。

 

最後に

ビショップは受けに特化した独特のキャラクター。
普段使いするというより、強い相手に対してトリッキーに立ち回る方に向いています。

対戦イベントをやってると、なにしろ「敵にしたくない」という印象が強くなりますね。
私は攻撃志向なので受け系のキャラは優先度を下げていたんですが、対戦であんまりにも厄介なので自分でも欲しくなってきました。ということで今リクルート中。ということでまだ色々検証できてない。

今回の記事はここまで。


  1. ややこしいですね。正史(アース-616)のパラレルワールドで、かつ時代的にもちょっと未来ということです。縦軸も横軸もずれてる感じ。
  2. 厳密にはパラレルワールドの未来なので、ビショップの暮らした時代がこれから到来するわけではありません。そのことは彼もちゃんと分かってるけどあえて隠したこともあったみたい。
  3. 説明欄の一番下の行、”Bishop has taken 000 damage so far.”というところ
  4. ☆3ハルクの怒りとか☆3キャプテン・マーベルのエネルギー吸収と同じです。
  5. ストライクタイルやアタックタイルを生成し、キティのスキルでパワーアップして殴ってくる人気のチーム編成。特にロケット&グルートはバトル開始時に無条件で高パワーストライクタイルを生成してくるのでしょっぱなからボコボコにされる。

コメント

  1. D より:

     最近、シールドシュミレーターでは「☆4ロケット&グルート・キティ・プライド・ビショップ」がお気に入りです。
    ☆5が3人相手でも楽勝です。

     逆に敵がこの編成だと手を出さないようにしています。
    ってか、ビショップが入っている編成には立ち向かいません。

     話は変わりますが「キングピン、キティ・プライド、ケーブル」の3人がチャンピオンになったのですが、ケーブル以外は誰なのか全くわからないので紹介して欲しいです。
    (ケーブルは格ゲーのおかげで知っています)

     あと、欲を言うと同盟チームとその募集、応募方法とか知りたいです。

    今後も頑張ってください。

    • yakan3(管理人) より:

      コメントありがとうございます!

      おお、強力かついやらしいチーム編成ですね・・!
      私もビショップとメデューサの入ったチームはかなり敬遠しています。
      アイスマンの気絶でなんとか抑える感じ。

      キングピンとキティ、了解しました。
      ちょうどキングピンは☆5が邦訳されてないので紹介しようと思っていたところです。

      同盟チームについても確かにほとんど触れてなかったですね。
      準備しますので、またちょくちょくのぞいてやって下さい。