マーベル・パズルクエスト攻略&ヴィラン紹介:キングピン(Kingpin)

MPQ攻略情報キャラクター紹介編。
MPQでの能力説明のついでに一般的なキャラ紹介も。

今回はニューヨークを牛耳る勢力的にも物理的にも巨大なフィクサー、
キングピン(Kingpin)

キャラクター情報:キングピン(Kingpin)

基本情報

キングピン(Kingpin)ことウィルソン・フィスクといえば悪の親玉
マギアという組織のボスとしてニューヨークの裏社会を仕切っています。

もともと”Kingpin”という言葉はマフィアのボスを指すことが多い俗語です1

データベースからのキャラクター情報はこんな感じ。

キングピン(Kingpin)

  • 性別:男
  • 身長:6フィート7インチ(≒200cm)
  • 体重:450ポンド(204.1kg)
  • 瞳 :ブルー
  • 髪 :スキンヘッド
  • 能力:超人的な力
Kingpin (Wilson Fisk) In Comics Powers, Abilities, & History |Marvel
Ruthless, cunning, and wide-bellied, Wilson Fisk may not have super powers like most of his foes, but he does have the brains to outsmart them.

オリジン

本名はウィルソン・フィスク。
裕福でない家に生まれた彼は太ったいじめられっ子でしたが、友達と遊び回る代わりに周囲を観察し、人の弱みを握って利用するという才覚を幼いころから発揮していきます。

フィスクは自立的で向上心が高く、人の上に立ってのし上がるための能力を自ら学んで行きます。
若い頃から裏社会を生き、チンピラの仲間の中でもリーダーとして実力を発揮した彼は、ニューヨークを牛耳るキングピンとして誰もが恐れる存在となったのです。

ヴィジュアル

彼のことをデブだと思いますか?
でもあの巨体にまとった肉がすべて脂肪ではなく筋肉だとしたら?

恰幅のいい体格にスキンヘッド、仕立ての良いスーツに葉巻、と典型的なマフィアのボススタイル。
おまけにあの大きな体の迫力に見合うだけの”実力”があるからもう大変。

あの大きさはそのままキングピンの強さを表していると言えるでしょう。

しかし映画スパイダーバースのキングピンはデフォルメがものすごかったですね。

スパイダーバース非常に面白そう。絵柄がアーティスティック。

能力

キングピンはマーベルユニバースを代表するヴィランの一人。
ところが彼はスーパーパワーを持っていません

生身の人間であるにも関わらず、スパイダーマンやデアデビルといったニューヨークを守るヒーローたちをこれでもかというほどに苦しめてきました。

それというのも彼の権力と人を操り追い詰める悪計の才覚によるもの。
…だけでなく、単純に殴り合いが強いというのもあるのです。
ゲームにもボスとして登場することが多いですが、もれなく強いと思います(たぶん)。

マフィアのボスというものは屈強なボディーガードを従えているものの本人が戦うことはない、というイメージがありますが、キングピンはバリバリ自分で戦えます
むしろヘタな手下なんかより自分で戦った方が圧倒的に強い。

たゆまぬトレーニングによって鍛えた肉体から繰り出されるパンチにはデアデビルもイチコロ。

単体でも精神的肉体的に強すぎる彼が、厄介な手下(マフィアのみならず、ニンジャとかサイコキラーとか…)を従えたらそれはもう手に負えない。
キングピンはまぎれもなく”キングピン”なのです。

最凶で最強のフィクサー

キングピンの活動ホームはニューヨーク。
もともと、ニューヨークの親愛なる隣人:スパイダーマンに対するヴィランとして登場しました。

が、そこはヒーローひしめくニューヨーク。
街で活躍するヒーローが罠にはめられたとなれば、その裏の裏にはキングピンが噛んでいた…ということもよくあります。
スパイダーマンに限らず、みんなの宿敵と言える存在です。

スーパーパワーを持たない人間レベル(一応)のヴィランとしては、最も大物と言えるかもしれません2

中でも特に宿敵度の高いヒーローは、やっぱりデアデビル
デアデビルの映画にも黒幕として登場し、文字通りの豪腕ぶりを見せつけてくれました。
コミックの方でも、正体を隠して活動するデアデビルがキングピンのせいで社会的に抹殺されかかるという精神的にえぐい展開になることも。

デアデビル:ボーン・アゲイン

  • 作者: フランク・ミラー (著), デビッド・マツケリー (イラスト), 秋友克也 (翻訳)
  • 出版社/メーカー: ヴィレッジブックス
  • 発売日: 2011/02/28
  • メディア: 単行本

※画像はAmazonへのリンク

「僕はデアデビルじゃない」でおなじみ、デアデビルことマードックさんは悲劇が非常に似合う男なんですが、この本ではもうかなりズタボロ。
キングピンに正体がばれたためにマット・マードックとしての社会生活をめちゃくちゃにされ、「もう死んじゃおっかな」レベルで落ちぶれたところからなんとか復活を果たします。
昔の本ではありますが、キングピンの容赦のなさとデアデビルの魂がよく分かる名作です。

おっと、デアデビルの宣伝になってしまった。
まあデアデビルの話にはよくキングピンも登場してきます。
あとパニッシャーとか、パワーマン&アイアンフィストとか。ニューヨークのギャングといえば彼ですね。

 

MPQ情報:Kingpin(☆4:Wilson Fisk)

概要

それではMPQのキャラ紹介。
☆4ランクで、区分はヴィランです。

敵のパワーを奪い、自分の手下を利用する。
キングピンらしさがしっかり現れたスキル構成です。
意外とパワー系なところもね。

敵のモブキャラにいるマギア系の敵はキングピンの部下たちということになります。

キャラ名 別名 AP スキル
キングピン
KINGPIN
WILSON FISK BK
0
ウィルソンの謀略 Wilson’s Gambit
味方のカウントダウンをランダムに無効化し、ターゲットに攻撃する。カウントダウンが3枚以上ある場合、3枚を無効化して敵全員に攻撃する。
PL
8
フィスク・ディフェンス The Fisk Defense
敵の最強カラーのAPを破壊し、味方のイエローAPを生成。
YE
10
マギアの兵隊 Maggia Pawns
カウントダウンタイル(マギア・サグ=ターゲットに攻撃、マギア・マッスル=ストライクタイル生成、マギア・ヒットマン=ターゲットに攻撃)を生成。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

謀略をめぐらすタイプ…とみせかけて、最終的にはぶん殴ってきます。

キングピンの中でスキルは完結しており、単体でも充分活躍してくれるでしょう。

ウィルソンの謀略は味方のカウントダウンスキルが3枚未満だと単体攻撃、3枚以上だと全体攻撃になります。
全体攻撃の方がちょっぴり攻撃力は落ちますが、それでも必要AP8で全体に最大3000以上のダメージはなかなか強力。
自分でマギアの兵隊を発動してカウントダウンタイルを作るか、他のチームメイトに作ってもらってもいいでしょう。
ただし、カウントダウンタイルが3枚以上あるとそのうち3枚消去してしまうことはお忘れなく。
そのため、必要APが少ないことを活かして何度も発動するには、カウントダウンタイルを軽く作れた方が効果的です。

マギアの兵隊は攻撃系のカウントダウンタイルを生成。効果は三種類。

  • マギア・サグ(チンピラ)=イエロー、ターゲットに中ダメージ攻撃
  • マギア・マッスル(用心棒)=ブルー、ストライクタイル生成
  • マギア・ヒットマン(殺し屋)=ブラック、ターゲットに大ダメージ攻撃

最初はチンピラタイルのみですが、スキルレベルが上がると用心棒タイル、殺し屋タイルも生成します。
ただし決まったカラーのタイルがないとマギアの兵隊を発動することはできません
また、ウェブタイルや他のカウントダウンタイルを上書きすることはできないため、敵もスペシャルタイルをたくさん生成してくるタイプの場合は、タイルを取られてしまわないように注意。

フィスク・ディフェンスはマギアの兵隊発動用と言ってもいいでしょう。
敵のAPも破壊しますが、対象カラーは敵チームの最強カラーです。敵の最強カラーがパッシブスキル(APを使わないスキル)の場合は、AP破壊の意味はないかもしれません。

 

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

ウィルソンの謀略によって味方のカウントダウンタイルを消して自分が攻撃するので、カウントダウンタイルばらまき型の味方は有用です。
(もちろん、キングピンの攻撃よりカウントダウンタイルの効果の方が強い場合は消さない方がいいですが。)
ただ、これでカウントダウンタイルを消してしまった場合は、カウントゼロになったときに自動発動するスキル(☆4キャプテン・マーベルとかドラックスとか)は効かなくなるので要注意。

フィスク・ディフェンスでそこそこ軽くイエローAP生成できるので、キングピン自身のイエロースキルがまだない/弱い場合でも、強いイエロースキルを持った味方のサポートにはなるでしょう。

攻撃志向でタイル崩しなどのトリッキーな技は持たないため、相手がトリッキー型の場合はチームメイトで補いましょう。

敵との相性

☆4キングピンのスキルは謀略系と見せかけて、意外と単純な攻撃技です。
そのためゴリゴリ押してもダメな敵(攻撃すると反撃してくる系)の相手には向きません。

一方、相手のスキルが高コストだったり、条件が整わないと強くならないタイプであれば、キングピンはスキルが軽めなので何かやられる前に倒してしまえます。

フィスク・ディフェンスでイエローAP獲得→
マギアの兵隊でカウントダウンタイル生成→
ウィルソンの謀略で攻撃 のコンボでガンガン押しましょう。

敵の場合の対処法

ヴィランのキングピンはストーリーで敵として出てくることが多いです。
モブとの相性が良く、ウィルソンの謀略でガンガン殴ってくるので油断してると殴り殺されてしまいます。

とはいえパワー系というだけでトリッキーではないので、こちらも単純に防御を固めるなり殴り合うなりでどうとでもできます。
カウントダウンタイルを消したり破壊したりできるキャラはそれなりに有用ですが、あまり多くないのが残念(☆3ならファルコンとかストームとか)。

相手が強い場合は、ダメージを受けることで反撃する、☆3キャプテン・マーベルやハルク、デッドプール、ビショップ、ローグ、シングあたりはキングピンのパンチをうまくかわせます。
相手のスキルが軽いことを逆手に取るなら、ドクター・ストレンジやカマラもいいですね。

サポート

妻のヴァネッサ・フィスクが推奨サポートです。

  • Rank1 味方のスキル発動時、一定確率で敵のスペシャルタイル消去
  • Rank3 装備キャラのスキル発動時、敵のランダムなAPを奪う
  • Rank5 装備キャラのスキルで与えるダメージ増加
  • キングピン装備時 タイルマッチ時、一定確率で敵のアタックタイル1枚のパワーダウン

どちらかと言うと☆5キングピン向けの効果ですね。
とはいえ☆4キングピンにも充分有用です。

 

対戦イベント

あったっけ。

MPQ情報:Kingpin(☆5:Spider-Verse)

概要

続いて☆5ランク。区分はヴィランです。

こっちは映画スパイダーバースに登場するデザインですね。
アニメなのでデフォルメが効きまくってどう見ても人間じゃありません。
前に出てると後ろのキャラクターが見えない。ベッドじゃあなく…

☆5キングピンのスキルはやや複雑なので、しっかり把握しておきましょう。
敵の有利な条件を利用するというフィクサー感が強調されています。

このキャラは2019/05/01現在未邦訳なので、以下の説明文は筆者訳です。

キャラ説明画面より
ニューヨークの犯罪王であるウィルソン・フィスクは、その驚くべき腕力と狡猾さで知られている。
命じるままに動くマギアの軍団を率いる”キングピン”とは名ばかりではない。裏社会のボスとしての強大な権力ははどこまでも行き渡る。スパイダーマンはこの巨人に敵うのだろうか?
キャラ名 別名 AP スキル
キングピン
KINGPIN
SPIDER-VERSE BU
7
断れない条件 Forced Hand
味方のストライク、アタック、プロテクトタイルを一枚選んで敵のものにし、代わりに味方の最強カラーのAPを敵から一定量奪う。
敵のAPが足りない場合はあるだけ奪ってさらにダメージを与える。
BK
11
骨までしゃぶる The Harder They Fall
敵がもっとも多く持つ色のAPを一定量破壊し、ブラックのガードされたカウントダウンタイルを一枚生成。
タイルがある間、敵のタイルマッチで受けるダメージを減らす(破壊したAP量に応じて減らす量は増える)
タイルがある間はこのパワーを再度発動できない。
GN
9
意志を砕く Break Their Will
ガードされたグリーンのリピートタイルを一枚生成。
カウントゼロになると攻撃し、味方の最強カラーのAPが敵より多い場合はさらにアタックタイルを生成。

※「最大ダメージ」や「最大パワー」というのは、チャンピオンを除く最大レベル(☆3の場合166)かつスキルレベル最大を想定しています。

スキル

☆5キングピンはあれこれ裏から手を回してじわじわ追い詰める謀略タイプ。
能力を発揮するためには条件が整っている必要があるため、自分で使いこなすのはテクニックが必要ですが、敵にいたら厄介なことでしょう。

Break Their Willが単純な攻撃技。
リピートタイルなのですぐにはダメージを与えられませんが、じわじわと敵を攻撃し続けることができます。
アタックタイル生成の条件はややこしいですが、「味方の最強カラーAPが」敵より多い場合に発動します。敵の最強カラーは関係ありません。
で、このアタックタイルは自分で使うというよりはブルースキルにつなげるためのタネなのです。

Forced Handは相手に不利な取引を無理矢理承諾させます。
ストライク・プロテクト・アタックタイルのどれかを1枚あげる代わりに、こっちに有利なAPをごっそりよこせというもの。APを耳をそろえて払えない場合は、仕方ないので痛めつけるだけで許してあげます。
キングピン自身の最強カラーはブルーなので、味方の最強カラーもブルーになることが多いと思われます。
グリーンスキルとブルースキルを交互に発動して、相手を消耗させていきましょう。

ただ、ブルースキルは相手に与えるストライク・プロテクト・アタックタイルが存在しないと発動できません
そのため、何らかの手段で味方のストライク・プロテクト・アタックタイルを生成する手段を持っておかないと意味がなくなってしまいます。
また、強すぎるタイルを相手に渡してしまうと割に合わなくなるので注意が必要です。

The Harder They Fallは独立した防御技。
破壊対象のAPは「敵が一番多く持っているカラー」なので、バトル中にどんどん変わっていきます。
ポイントは「APを破壊した量だけ防御力が上がる」というところなので、相手がAPをたっぷり稼いだ状態で使うのが最も効果的です。
連続発動はできないため、相手のAPプールをよく見て、減らしたいAP量が一番多くなったところを見極めて発動するのがガチ戦法といえます。

他キャラクターとの相性

チームメイトとの相性

ブルースキルを使うためには相手に与えるタネが必要ですので、アタック・プロテクト・ストライクタイルを生成できる味方は便利です。

相手に与えた後でそのタイルを無効化するとかパワーダウンするとか、もしくは奪い返すことができればなお良いでしょう。
ルークとかアイアンフィストとかロケット&グルートなんかは強いタイルを生成してしまいますが、これを相手に渡してしまっても上記のように処理してしまえば問題ありません。
デアデビルやエレクトラ、ドラックスなんかは色的にも相性悪くないですね。あとはもちろん☆3ブルズアイとか。

あとはグリーンスキルとブラックスキルでガードタイル生成するので、☆4ルークやシュリなどのガードタイル利用系とは相性いいですね。

敵との相性

AP破壊があるので、AP量を利用するタイプの敵には強く出られます。
逆に同じようにAPを破壊したり奪ってくる敵の場合は、先にマウントを取ることが大事になってきます。

注意すべきはタイルパワーアップ系の敵。ブルースキルでこっちが与えたタイルを利用されてしまっては意味がありません。キティとかニコとかが相手にいる場合は、与えたタイルを無効化できる味方を忘れずに入れておきましょう。

こっちのキングピンもタイル破壊はないので、敵がカウントダウンタイルやトラップタイルを利用してくる場合は要注意。手下に補ってもらいましょう。

敵の場合の対処法

ブルースキルの発動を防ぐためには、相手がアタック・プロテクト・ストライクタイルを生成したときにさっさと消してしまうこと。
☆4ルークのブラックスキルをレベル最大にしておくと、相手のスキル発動時にそれらのタイルを無効化できるので効果的です。
他にもタイル奪いや無効化、もしくは破壊できるキャラならばうまく立ち向かえるでしょう。

リピートタイルを始末するためにも、タイル破壊できるキャラは有用です。

こっちのAP量が少ないときには相手のブルースキルとグリーンスキル、AP量が多いときにはブラックスキルに警戒する必要があります。
APは溜めたはしから自分のスキル発動で使ってしまうのが良い戦法かもしれません。

サポート

妻のヴァネッサ・フィスクが推奨サポートです。

  • Rank1 味方のスキル発動時、一定確率で敵のスペシャルタイル消去
  • Rank3 装備キャラのスキル発動時、敵のランダムなAPを奪う
  • Rank5 装備キャラのスキルで与えるダメージ増加
  • キングピン装備時 タイルマッチ時、一定確率で敵のアタックタイル1枚のパワーダウン

Rank1の効果、キングピン装備時の効果は思いっきりブルースキルのデメリット解消用ですね。

ちなみに妻のヴァネッサは悪人ではないようです。
裏社会では誰よりも強いウィルソン・フィスクもどうやら妻にだけは頭が上がらない模様。

 

対戦イベント

指定キャライベントはありません。

最後に

キングピンは☆4も☆5も見た目のインパクトがけっこう強いですよね。
私はウィルソンの謀略の指さしポーズが「これやられたらやばい」ものとして頭に刻まれています。低レベルのうちはそのパンチ力にやられてしまう。

ニューヨークの悪人と言ったら最初に名前が挙がるキャラクターですので、ウィルソン・フィスクの名前はしっかり覚えておきましょう。

今回の記事はここまで。


  1. ボウリングのピンのセンター=重要人物という意味合いらしい。
  2. スーパーパワーを持つヴィランとしては、レッドスカルやドクター・ドゥーム、サノスなんかが大物ですね。彼らもみんなの宿敵。

コメント