ミラキュラス レディバグ&シャノワール:ストーリーと感想【第9話 ロジャーコップ】

ミラキュラス・第1シーズン(1~26話)の各話についてストーリーと感想をまとめます。順次追加予定。

ネタバレを含みますので、視聴予定の方はお気を付けください。
※先のシーズンの話はしないつもりです。

話のナンバリングは日本のディズニーチャンネル準拠。

シーズン1の目次はこちら

シリーズ全体の紹介はこっちの記事を参照ください。
こっちはストーリーのネタバレなし。

 

第9話 ロジャーコップ

ストーリー

プロローグ

今日は学校のキャリア・デー
生徒の親を教室に招いて、その仕事内容をクラスのみんなに紹介してもらう日。
マリネットはお父さんにパン屋の仕事の話をしてもらったが、一方のアドリアンはお父さんに出席してもらえずしょんぼり。

クロエは高価な金の腕輪を授業中に見せびらかしていた。
市長にたしなめられてバッグにしまったが、それを見ていたプラッグが腕輪のケースをカマンベールチーズの箱と勘違い。
クロエのバッグに忍び込んで、「チーズじゃないけどキラキラしてる!」と遊んでいたら転んでバッグをひっくり返し、通りかかったマリネットも巻き込んでしまう。
アドリアンの足元に転がって戻ったプラッグの頭には、クロエの腕輪がすっぽりはまって取れなくなっていた

 

アクマ誕生

サブリナのお父さんの警官・ロジャーが話している間、クロエがバッグから腕輪がなくなっていることに気付く。
さっき転んだマリネットが犯人だと主張するクロエにねだられて、ブルジョワ市長はマリネットを調べろとロジャーに命じる。

しかしロジャーのモットーは「法律に従い証拠がなければ無罪」。
市長の勝手な命令で法律を破ることなどできないと反論すると、市長はロジャーに警官をやめろと言い放った。

教室を立ち去るロジャーの憤りを感じ取ったホーク・モス
アクマの蝶をロジャーのホイッスルに取り憑かせ、正義を守らせる力を与える代わりにミラキュラスを奪えと持ちかけた。
アクマタイズされたロジャーはロジャーコップ(Rogercop)となる。

 

ヒーロー登場

ロジャーコップはゴミのポイ捨て+信号無視をした市民に、罰として強制ゴミ拾いをさせていた。
ロジャーコップの勝手な判決によって、人を自由に操ることができるのだ。
ロジャーコップは次の狙いは法律を無視する市長だと学校へ向かう。

教室ではクロエの腕輪の所在をめぐっててんやわんや。
疑われたマリネットはニノの動画を手がかりにサブリナも犯人の可能性があると示し、さらに腕輪をスケッチしていたナタニエルも怪しいのだから、みんなを平等に疑うべきだと主張。

誰が怪しいだと自分はやってないだのと水掛け論の最中、とうとうロジャーコップが教室にやってきた。

こっそり教室から抜け出したマリネットは、自分が友達に言いがかりをつけていたと反省しつつもとにかくレディバグに変身

プラッグの頭に腕輪がはまっていると気付いたアドリアンも、一足先にロジャーコップの襲来を悟っていた。
ロッカールームでコショウを使って腕輪を外し、シャノワールに変身

 

ヒーローの戦い

校長に腕輪を探せと迫っている市長を、職権濫用の罪で逮捕しようとするロジャーコップ。
市長を追うロジャーコップをレディバグとシャノワールが止めようとするが、猛進するロジャーコップは聞く耳を持たない。
空飛ぶパトカーで市長を追い、追いかけてきたレディバグ&シャノワールと空の上で戦う。

クロエはちゃっかりロジャーコップに「マリネットが腕輪を盗んだから逮捕して」とくっついてきていた。
パパの心配はなし?

パトカーから落とされたレディバグとシャノワールは、先回りして市長がいるであろう市庁舎に向かう。

市庁舎で警官隊を召喚していた市長。
しかしクロエを人質にされ、市長の権限をロジャーコップに譲るよう宣言させられる
ロジャーコップの命令で警官隊がレディバグとシャノワールを捕まえようと迫ってくる。
シャノワールがオトリになっている間にレディバグが市庁舎に侵入。
ラッキーチャームでなべつかみを入手した。

合流したシャノワールと一緒にロジャーコップの銃撃をかわすレディバグ。
シャノワールがカタクリズムで床を壊してロジャーコップの足を封じる。
レディバグは床に落ちていたクロエの腕輪(シャノワールがこっそり床に転がしておいた)となべつかみ、ベルトを使って即席手錠をこしらえ、ロジャーコップの腕を封じる。
その隙にホイッスルを奪って、ミラキュラス・レディバグ!で元通り。

クロエのブレスレットはレディバグがクロエのバッグに戻しておきました。

 

エピローグ

ロジャーがクロエのバッグの中からブレスレットを見つけ、最初からバッグに入っていたんだろうという結論に。
腕輪がみつかったことを喜んだ市長はロジャーのクビを取り消し、警部補に任命した。

証明されてないのに犯人扱いしちゃいけないね」ということをみんな学んだ…のかな?

 

感想とメモ

ブルジョワ父娘がひでえ

市長、確実に職権濫用だし他の子供たちや何より娘のサブリナが見てるところでロジャーを責めるなんて大人としてクズだと思います。
クロエはまあ、通常営業ですね。

っていうか先生がなんとかするところでしょうよ。
この学校の先生たちは授業以外のサポートはする気がないようです。

 

疑わしきは罰せず

証拠もないのに責めちゃいけない!」というのが今回の教訓らしいです。
実際のところプラッグが犯人で真実がごまかされるというのはこのアニメらしい。
教訓はあっても教訓的な行動で終わるわけじゃないんだよね。

 

正義のアクマ:ロジャーコップ

ロジャーコップは私憤でなく義憤を動機としてアクマタイズされた珍しいタイプ。
だからレディバグも「あなたは悪者にだまされてる」という説得を珍しく試みている。
イラストレーターにもそれ言ってあげればよかったのに。

このときホーク・モスが「それは嘘だ!」って反論したってことは、もしアクマが改心したらホーク・モスに従わない選択をしうるってことなんでしょうか。
もしそうなったらアクマタイズを解除しちゃえるのかな。

とはいえ理不尽にクビにされたっていう私憤も根底にはあったんでしょう。
レディバグの「正義と復讐の区別がついてない」というのは深いセリフです。復讐とは正義にあらず。

それにしてもサブリナがちょっとアレな割にロジャーはいいおまわりさん
サブリナ自身は正義感見せたことがないけど、根は悪い子じゃないんだろうね。

 

怪しいクロエ

あと…今回クロエの行動がちょっぴり怪しげ。
パパが狙われてるのにそれは無視して「マリネットを逮捕してよ」と言うためにロジャーコップの車に乗るとか、人質にされてたときもやけに大人しくしていたりとか。

何かロジャーコップにくっついてないといけない理由があったのか?

 

その他ポイントメモ

  • お父さんが来てくれずしょんぼりするアドリアンに「大丈夫かぁ?」と心配してあげるプラッグ。
    ニノもさりげなく気遣ってあげるのがいい。
  • アルヤのお母さんはブルジョワ市長がオーナーのホテルで料理長をしてる。
    …しかしこのアニメのパリの世間は非常に狭い。
  • ロジャーは肌が真っ白。サブリナはそうでもないけど。
  • ロジャーコップはロボコップのもじりかな。名前がアクマ名に入ってるのは今回がはじめて?
  • 「私を誰だと思ってる!この町の市長だぞ!」典型的なダメ権力者の市長。次の選挙大丈夫?
  • ロジャーコップを一目見て「パパ!?」と気付いたサブリナ。
  • 逆さづりになったシャノワール、レディバグにチューしようとするのはマグワイア版映画スパイダーマンのパロディかな。
  • パリの市長って誰を逮捕するか決める権限があるの?
  • 踊るシャノワールがキュート。
  • シャノワール「正体を知ったら僕のトリコになっちゃうよ」
    レディバグ「まあないとは言えないけど(笑)」
    はい、そうですね。
  • レディバグのバストアップを下から映す構図がなんだかセクシー。
  • パリの市長って警察官の階級を決める権限があるの?

 

今回の記事はここまで。


 

コメント